頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

読書

クリエイターには読書が必要不可欠だと思う理由

本

Sponsored

 

こんにちは

兼業イラストレーターの夏ワタルです。

僕は一応クリエイティブ系の仕事で会社員をしていて、兼業でイラストを描くお仕事をさせていただいています。

 

僕はクリエイターとして生きてくためには「読書が必要不可欠」だと思っているのですが、今回はその理由について話していきたいと思います。

 

クリエイターには読書が必要不可欠だと思う理由

楓と本

皆さんは本を読みますか?

 

僕は移動時間や暇な時間には基本的に本を読む生活をしています。

 

子供の頃から読書が好きでして、基本的には小説や技術書をよく読みます。
速読のスキルがあるわけではないのでそこまで大量に読む程ではないですが、一年を通して大体80〜100冊程度は本を読んでいます。

 

そこで気づいたのがクリエイティブな仕事をしている人は読書を沢山しているなと言うことです。

 

身の回りの高度な技術をもったクリエイターの人や著名なデザイナーやイラストレーターの人で本を全く読まないという人をほとんどみたことが無いんですよね。

 

逆にパッとしない同僚とか、人生うまくいっていない先輩は皆本を読みません。

それにはやはり理由があったようです。

読書は想像力が養われる

メール

クリエイティブな仕事をしている人に必須なのが想像力ですよね。

 

デザインを作るにしてもイラストを作るにしても想像力が必要不可欠です。

 

クライアントの求めるイメージには正解がないことが多いですし、ビジュアルを作る仕事であればまずはその完成形をイメージする必要があります。

 

自分の頭の中で様々な想像をしながら仕事を進める能力が求められる事になるんですよね。

 

そこで一役買うのが読書だと思います。

 

当たり前ですが、本とういう物は文字だけでできてますよね?

いくら読んでもビジュアル表現でなく、言語表現なのです。

 

しかし、文字だけなのにも関わらず様々な情景が浮かんでくることって有りませんか。

文字という限られた表現手法だからこそ、自分の頭で想像することが求められるので、嫌でも想像力が養われるんですよ。

 

読書をするということは想像力の筋トレだと僕は思っています。

 

知識も増え、広い視点を持つ事ができる

本

読書をする多くの人が求めているのが知識ですよね。

 

沢山の知識を身につけると教養にもなりますし、仕事にもプラスになります。
ビジネスマンなら本を読むべきという最近の流れも有り、最近は読書にふけるビジネスマンが増えてきたように感じます。

 

クリエイターでも同じ事で、幅広い知識や奥が深い教養をもった人も多いです。
一つの分野で成果を出すには専門的な知識と技術が求められますし、それを応用するためにも本を読んで知識を増やすことは重要です。

 

また読書を習慣的にして、様々な人の持つ知識にふれるようになるとより「広い視点」を持つ事ができるようになります。

 

狭い世界で自分の専門分野にだけフォーカスしてばかりいると、いわゆる”専門バカ”になってしまい、

本来であれば気づいたようなことにも気づかなくなったり、同じ様なコミュニティーの中だけの人生を送ってしまったり
逆に自分の可能性(クリエイティビティ)を奪ってしまう結果につながってしまわないでしょうか。

逆に本をよく読む人は、いろんな業界の様々な知識を吸収して視野を広げることが出来るので、専門バカにならずに自分の持つ技術やセンスをより高いレベルの作品制作に繋げられるのではないかとも思います。

 

本はそれ自体が著者の作品

本

クリエイターと呼ばれる職種の人は多かれ少なかれ何か作品作りをしていることでしょう。

 

何かを作る仕事をしている人は自分のセンスやノウハウを元にそれを作品にしてアウトプットするのが仕事です。

 

本も作品ですよね。
作家が自分の知識や創造物を文字という媒体を通して作品として昇華させているものが本です。

 

それはいわば作家自身の分身のようなものであり、唯一無二の表現です。

 

本を読むということはつまり、その本を作った作家の作品にふれるということ、間接的にその作家(クリエイター)に会っている様なものなのでは無いかと僕は思っています。

 

クリエイティブな仕事をしている人なら経験があると思いますが、自分とは違う分野の作品にふれるのは非常に勉強になります。

 

同じ分野でも良いのですが、違う分野の人の作品の方が違う気づきを得ることが出来たり、はたまた自分の専門分野との共通点を発見したりと質の良い学びを得られるのです。

 

それをいつでもどこでも手軽に出来るなんてとても便利なことだと思いませんか?

 

様々な分野のクリエイターのためになる読書習慣

本

読書はどんな分野のクリエイターにも非常にためになります。

 

例えば、素晴らしい情景が浮かぶ様なファンタジー小説を読んでイラストのイメージが湧くこともありますし、逆に伝記を読んで音楽が浮かぶこともあるでしょう。

 

本という手軽で普遍的な媒体であればこそ、様々な分野で活躍する人にも共通して良い影響を与えられるんですよね。

 

読書週間をつけると日々新しい知識や経験が自分の中に入ってくるので、毎日の生活が非常に豊かになります。

 

「自分はクリエイターだけど、毎日仕事ばっかりで飽きた」
「同じ業界の人の仕事に興味が持てなくなった」
「クリエイティブな仕事でもルーティーン化してきた」

 

そういった悩みをもった人に僕は沢山会ってきましたが、そういう人にこそ読書習慣を進めたいですね。

 

まとめ

 

本

今回はクリエイターには読書が必要不可欠だと思う理由について書きました。

 

僕は昔から本を読むのが好きですが、慣れないと活字を追うのは以外に大変かもしれません。

 

クリエイティブな仕事をしている人、またはしたいと思っている人には是非読書を好きになってほしいです。

 

本を読むだけで視野が広がり、センスが磨かれることも無きにしもあらずなので、この機会に読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-読書
-

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−