頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

イラスト

イラストを描くならPhotoshopから始めるべき理由

Photoshop

https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

Sponsored

こんにちは。
兼業でイラストレーターやってます夏ワタル(@summering26)です。

 

今回はイラストを描きたいと思っているけどどのソフトを使えばよいかわからないという人に向けて、

イラストを始めるには絶対にPhotoshopから始めるべきと思う理由について書いていきたいと思います。

 

イラストを描くならPhotoshopから始めるべきと思った理由

 

世の中にはいろいろなイラストを描けるソフトがありますよね。

 

有名なのがPhotoshop、Illustrator、CLIP STUDIO PAINT
Procreateアイビスペイントといったあたりでしょうか。

 

色々とソフトが溢れているなかで、どれを使えば良いかわからない初心者の人も多いと思います。

 

僕は上記のソフトすべて使ったことがあるのですが、それでも結局はPhotoshopが一番だなと思った理由がいくつかあるので、紹介したいと思います。

 

業界で一番使われている必須ソフトだから

 

Photoshopは言わずと知れた超有名グラフィック系ソフトです。

 

写真加工やレタッチ等の画像編集ソフトとしてAdobe社によって開発され、クリエイティブな仕事をしている人たちの間ではメジャーなソフトですね。

 

フォトグラファーやレタッチャー、デザイナーやアーティストやイラストレーター等のビジュアルを作る仕事をしている人には必須のソフトです。

 

クリエイティブな仕事に関わる会社では必ずPhotoshopを使うので、最低限のスキルを求められます。

 

昔はパッケージ版が発売されていたのですが、今はAdobe Creative Cloudというサブスクリプションサービスとして月額課金制になっています。

 

特にデザイン系の会社では必ず使うので、就職の時にはPhotoshopがしっかり使えるかどうかを問われることが多いです。

 

Photoshopさえあれば大概のことが可能

 

Photoshopはとにかく多機能なのが特徴のソフトで、画像の加工や写真のレタッチやイラストの制作、

パッケージデザインやWeb用画像の制作、動画の編集も出来ますし、最近は3Dも対応しています。

 

例えばロゴのデザインをしたり、漫画を描いたり、フライヤーを作成したり、名刺を作成したりと大概のことはPhotoshopで事足りるので、これ一つあれば非常に重宝します。

 

最悪PhotoshopとPCさえあればそれで仕事を完結することも全然できますので、非常に便利なのです。

 

イラストに特化しているソフトだと出来ないことがあっても、Photoshopなら出来ることがたくさんあるんですよね。

お絵かき系のソフトである程度ラフを描き、Photoshopで仕上げをすることもよくあるくらいです。

 

特にエフェクト関連はPhotoshopがとても強いので、最終工程ではよく使いますね。

 

ノウハウも溢れているので、独学しやすい

 

Photoshopは超有名なソフトなので、その分様々なノウハウが世の中に溢れています。

 

世界中の人に使われているため職種や国内外を問わずたくさんの人がノウハウを発信してくれています

ブラシやパターン、グラデーション、アクションなどのデータを無料で公開してる人がたくさんいますのでインターネットで探せば便利な素材がたくさん見つかります。

 

またスクールや教科書等で学ばなくてもインターネットだけで独学で学ぶことができますので非常に便利だと思います。

 

僕の場合は書籍や学校の授業やインターネットで学びましたが、今はPhotoshopを学ぼうと思ったらネット上で完結するのではないでしょうか。

 

インターネットだけでお金をかけずにPhotoshopを学び、そのスキルを生かして転職することや就職することも可能なので、¥コストパフォーマンスも良いですし、お金がない学生でも簡単に学ぶことができるソフトです。

 

特にこういったクリエイティブ系のソフトは日進月歩で進化していますので新しい知見をどんどん取り入れていくべきですし、

ある程度スクール等で勉強したとしても自分で独学を続ける必要があるので、最初からインターネットを使って独学することも悪くはない選択肢なのかなと思います。

クラウドドキュメントが超便利だから

 

Photoshop CCにはクラウドドキュメントと言う機能がありまして、同じアカウントでクラウド上に保存したデータをいくつかのデバイスから開けるようになっています。

 

これが非常に便利なんですよね。

 

例えば自宅のパソコンでクラウドドキュメントに保存しておいてiPad用のPhotoshopで開いてすることもできますし、会社のパソコンで制作したデータを別のノートパソコンで開いたりすることもできます。

 

一昔前はPhotoshopのデータをいちいちUSBに保存して持ち歩いたりしていたのですが、クラウドドキュメントが出てきてからはほとんどクラウド上に管理するようになりました。

 

僕の場合は自宅のiMacで作成したデータを外出時にMacBook開くことが多いです。

 

またMacBookで編集したデータをiPad用のPhotoshopで開いたり、逆にiPadで制作したラフデータを自宅のiMacで開いて編集したりすることもよくあります。

 

編集したデータは常に自動で保存されますし、保存する間隔も設定可能です。

 

例えば5分前に編集していたデータに戻ることもできますし、1時間毎のデータ復元することも可能です。

 

Photoshopは様々なことができるのですがその分少々重く、ソフトが落ちることも少なくないです。

クラウドドキュメントであればいつ落ちてもほとんどは復元可能なので、 データの編集も安心してできますよ

写真加工イラストも動画も編集できるので万能

 

Photoshopはもともと写真用に作られたソフトなので、写真加工やレタッチにとても強いです。

 

さらにブラシ等の機能を使うことによってイラストの制作もできたり、簡単な動画の編集もできるようになっています。

 

写真とイラストを組み合わせて作品制作をしたり、簡単な動画編集の仕事をすることもできるので、Photoshopがあるだけでクリエイティブ系の仕事は大概が事足りるわけです。

 

ブログを書いているひとであれば画像編集することもあると思いますし、社内で使う資料を作ることもできます。

 

とにかくで奥が深いソフトなので勉強大変ですが、使いこなせるようになれば仕事の幅が広がること間違いなしですね。

 

仕事ではPSDでの納品が多いから

 

僕は本業ではデザイン関係の仕事をしており副業ではイラストを描く仕事をしていますが、クライアントにデータを納品する場合はPSD形式での納品を求められることが多いです。

 

PSDと言うのはPhotoshopのデータのことですが、レイヤーデータがそのまま残っているので後で再編集しやすく業界の標準になってます。

 

他のイラストのソフトでは既にうまく描き出すことができなかったり、逆にPSDを他のソフトで開くと見た目が変わってしまったりすることもままあるんですよね。

 

最初からPhotoshopで作っておけばそういうトラブルが減りクライアントも安心するので、はじめにPhotoshopでデータ作ってから他のソフトに読み込むといった使い方を僕はよくします。

 

就職にも有利になるから

 

どのような業界に就職するにせよPhotoshopのようなグラフィックソフトを使えると多少は就職に有利になります。

 

どのような職種でありオフィスワークであれば一生使わない事はほとんどないと思いますし、画像編集できるスキルは様々な場面で重宝します。

 

Photoshopにはいくつか資格もありますし、資格を取って履歴書に書けばある程度Photoshopが使えるということの証明になりますので何もないよりかは確実に就職に有利になります。

 

普通免許と違って実用的なものですので、会社にとってもPhotoshopを使える人材は有益とみなされる場合が多いです。

 

実際に僕の会社では新入社員がうまく使えない場合はしっかり教える必要もありましたが、最初からある程度Photoshopが使える社員であれば教える手間が省けますので喜ばれるかと思います。

 

実際デザイナー職やイラストレーターでの就職をする場合にはPhotoshopが使えることが必須条件となっていることもありますので、どうせなら最初からPhotoshopを使って慣れておけば後々楽になるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

今回はイラストを描くならPhotoshopから使い始めるべきだと思う理由について書きました。

 

僕の知り合いのイラストレーターやアーティストの人でも基本はみんなPhotoshopを使っており、デジタル上で絵を描くなら結局使うことになるソフトですので最初から覚えておくことをお勧めします。

 

ただPhotoshopの機能は膨大で覚えるまでにとても時間がかかるので、最低でも勉強するのに3ヶ月はかかると思っておいた方が良いです。

 

とはいえPhotoshopを使えるようになっておくだけで仕事の幅は広がりますし、無料のお絵かきアプリではできないようなことも出来るので、有料ですが勉強しておくことをおすすめします。

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-イラスト
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−