Substance3DPainterアンカーポイントアイキャッチ

SubstancePainter

2021/11/6

【Substance 3D Painter】アンカーポイントの基本について解説してくれている公式動画が公開

Substance 3D Painterの機能の一つに「アンカーポイント」があります。 アンカーポイント機能はレイヤーに適当した複数の効果を他のレイヤー紐付けるように適用するという便利機能です。 一度適用したレイヤー効果を別のレイヤーにも簡単に適用できるので非常に便利で優秀な機能なんですが、使い方が若干めんどくさくてややこしい部分があるため、初心者の方には敬遠されがちかもしれません。 このブログでも以前アンカーポイントの使い方について解説した記事を紹介しましたが、今回はAdobe Substance 3D ...

ReadMore

エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

美術解剖学

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

頸部の筋肉アイキャッチ

Sponsored

 

人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。

 

頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。

体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。

 

今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。

 

こんな方におすすめ

  • 美術解剖学に興味がある方
  • 人体の知識をイラスト制作やモデリングなどに活かしたい方
  • 首の筋肉の構造について興味がある方

 

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

 

頸部(首)の筋肉は人体のなかでも特に重い頭蓋骨を支えていて、胴体と頭蓋骨を繋ぐ役割を担っています。

人間の頭を動かす場合には首の筋肉を操作する必要がありますし、首の筋肉なしには好きな方向を見ることもできません。

 

 

また首の深層には声帯などの声を発するための器官があり、これも必要不可欠なものになっています。

 

頸部には複数の筋肉がありますが、大まかに浅層深層の2つの項目に分けて考えるのがオススメ。

 

浅層と深層

頸部の筋肉は主に頭部全体を動かすために使われる表面にある筋肉(浅層筋)と、頚椎前部などの深い部分にある筋肉や軟骨(深層筋)があります。

 

 

頸部前面からみた筋肉

 

頸部の筋肉_前面

頸部を前面から見ると上記のようになっています。

 

▼簡単に筋肉の名称と機能・役割について以下にまとめました。

名称 機能・役割
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん) 首を曲げる、回転させる、伸ばす
胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん) 喉頭を下に引く
僧帽筋(そうぼうきん) 肩や肩甲骨を動かす
肩甲挙筋(けんこうきょきん) 肩甲骨を上に動かす
斜角筋(しゃかくきん) 首を前や横に動かす

 

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

頸部において一番目立つ筋肉です。

首を曲げたり横に倒したりと様々な動作で使われる筋肉で、首のシルエットにも大きく作用している筋肉でもあります。

二股にわかれており、頭部から胸骨に着く部分と鎖骨に着く部分があるのが名前の由来です。

 

 

胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん)

舌骨から胸骨にかけて付いている筋肉で、舌骨を下方に引く作用をもつ筋肉です。

 

 

僧帽筋(そうぼうきん)

首の後ろから背中にかけてついている大きな筋肉です。

肩を上げたりすくめたり、肩甲骨付近を内転させたりする作用をもっています。

肩をすくめる際に盛り上がる首の後ろの筋肉として有名です。

 

 

肩甲挙筋(けんこうきょきん)

頸椎と肩甲骨をつなぐ筋肉です。

肩甲骨を上方に引く作用があります。

デスクワークをしている方が凝りがちな部分です。

 

 

斜角筋(しゃかくきん)

首の前面にある筋肉です。

首を前や横に動かす作用があります。

肋骨にも繋がっており、第一第二肋骨を引き上げる作用もあります。

 

 

頸部側面の筋肉

次は頸部を側面から見たイラストで少し細かく解説します。

 

最浅層の筋肉

頸部の筋肉_広頚筋

頸部を側面から見ていきます。

 

頸部の一番外側には大きく薄い「広頸筋(こうけいきん)」という筋肉がついていて、首の前面の皮膚を大きく動かしたり口角を下げる作用があります。

この筋肉が一番浅層になります。

 

名称 機能・役割
広頚筋(こうけいきん) 頸部の皮膚を上に引く、張る、口角を下げる

 

 

 

浅層の筋肉

頸部の筋肉_側面

次は頸部浅層の筋肉です。

前部から見た状態のものを横から見た状態なのでより形状が理解しやすいかと思います。

 

名称 機能・役割
胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん) 喉頭を下に引く
肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん) 舌骨を下に引く
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん) 首を曲げる、回転させる、伸ばす
斜角筋群(しゃかくきんぐん) 首を横に曲げたり前に倒す
僧帽筋(そうぼうきん) 肩や肩甲骨を動かす

 

肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)

舌骨に着く筋肉で肩甲骨の上縁から起こっています。

舌骨を下に引いたり、頸部の筋膜を緊張させたりする作用があります。

 

 

斜角筋群(しゃかくきんぐん)

複数の斜角筋の集まりです。

首を前や横に屈曲させたりする作用があり、肋骨にも繋がっています。

 

 

 

頸部の筋肉_側面_浅層

次は側面の筋肉を更に細かく紹介していきます。

 

名称 機能・役割
茎突舌骨筋(けいとつぜっこつきん) 舌骨を後方に動かす
顎舌骨筋(がくぜっこつきん) 舌骨を前方に動かす
顎二腹筋(がくにふくきん) 舌骨を前上方に動かす
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん) 首を曲げる、回転させる、伸ばす
胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん) 舌骨を下方に引く
頭板状筋(とうばんじょうきん) 頭部を安定させる
中斜角筋(ちゅうしゃかくきん) 肋骨を上方に引く
僧帽筋(そうぼうきん) 肩や肩甲骨を動かす
前斜角筋(ぜんしゃかくきん) 肋骨を上方に引く
肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん) 舌骨を後下方に引く

 

茎突舌骨筋(けいとつぜっこつきん)

顎の骨の付け根にある筋肉です。

耳の下あたりから舌骨に渡ってついています。

舌骨をやや後方上部に動かす作用があります。

 

顎舌骨筋(がくぜっこつきん)

顎から舌骨に扇状に広がって付いている筋肉です。

口の中の底にもなっており、舌骨を前方に動かす作用を持っています。

 

 

顎二腹筋(がくにふくきん)

舌骨につながる細長い筋肉です。

舌骨を前上方に動かす作用を持っています。

中間腱を堺にして前部と後部に分かれており、後部は「顎二腹筋後腹(がくにふくきんこうふく)」といいます。

いずれも舌骨を前後に動かす筋肉として使われます。

 

 

頭板状筋(とうばんじょうきん)

頚椎から起こる首の後ろの筋肉です。

顔を上に上げる作用があり、頭部を斜め後ろに倒す際にも使われます。

 

 

前斜角筋(ぜんしゃかくきん)

頚椎の突起から第一肋骨に伸びる筋肉です。

肋骨を引き上げる作用を持っています。

 

 

中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)

前斜角筋の上部にある筋肉です。

頚堆にある突起から肋骨に向かって伸びています。

肋骨を上方に引き上げる作用を持っています。

 

 

 

頸部深層

頸部の筋肉_深層

 

名称 機能・役割
甲状軟骨(こうじょうなんこつ) 声帯に応じて上下に動く、喉仏の一部
輪状軟骨(りんじょうなんこつ) 声帯に応じて動く
気管軟骨(きかんなんこつ) 気管を保護する
僧帽筋(そうぼうきん) 肩や肩甲骨を動かす
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん) 首を曲げる、回転させる、伸ばす

 

甲状軟骨(こうじょうなんこつ)

声帯を守るように覆う軟骨です。

凸状に出っ張っていて、この甲状軟骨が飛び出た部分を一般的に「喉仏」と呼んだりもします。

 

輪状軟骨(りんじょうなんこつ)

甲状軟骨の下部についている軟骨です。

指輪に似たような形状をしているためこのように呼ばれています。

これも声帯を守っている軟骨のひとつです。

 

気管軟骨(きかんなんこつ)

輪状軟骨の下部についている軟骨です。

頸部の動きに柔軟に対応しつつ潰れないように強度を確保する作用を持っています。

 

 

まとめ

今回は人間の頭部と体を繋ぐ橋渡し的役割を持つ「頸部の筋肉」について紹介しました。

 

わかりやすい部位ではない上にあまりイラスト制作などに直結するイメージが無い部位ではありますが、

首の描き方や作り方がおかしいと全体のバランスもおかしく見えてしまうので最低限は覚えておきたい部位です。

 

特に鎖骨につながる胸鎖乳突筋背中につながる僧帽筋などは人体のシルエットに直結する筋肉なので、出来る限りどのような形をしているかを意識して覚えておくのがオススメです。

 

記事のまとめ

  • 頸部の筋肉は頭部を動かす際に必要不可欠
  • 頸部の筋肉は表面の浅層と内部の深層に分かれている
  • 浅層の筋肉は主に頭部を動かす役割を担っている
  • 浅層には軟骨などがあり、声帯を保護したりする役割を担っている

 

▼美術解剖学オススメ書籍(CGをやりたい方向け)

 

▼美術解剖学オススメ書籍(イラストを描きたい方向け)

 

≫【美術解剖学】頭部の筋肉について解説

関連
美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ
【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分 ...

続きを見る

 

≫【美術解剖学】脊柱の構造について

関連
脊柱の構造についてのスケッチ
【解剖学】#脊柱の構造について

  前回に引き続き解剖学の勉強スケッチを作成したのでそれを使いつつ解説したいと思います。 今回は人体の中心部分の骨である「脊柱」についてです。   脊柱の構造について 脊柱は首から ...

続きを見る

▼参考

≫頚部の筋 muscles of neck

≫The Infrahyoid Muscles

≫気管

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-美術解剖学
-, , ,