頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

美術解剖学

【解剖学】#21内臓を保護する「肋骨」とは?スケッチつきで解説

肋骨について

Sponsored

こんにちは。
夏ワタル(@summering26)です。

 

今回は前回の胸骨に一番深く関係する「肋骨」について解説していきたいと思います。

 

上半身でも広い範囲を覆っている肋骨ですが、内臓を守っている重要な骨です。

 

 

実際にスケッチをするのは物凄く大変でしたが、参考になれば何よりです。

 

肋骨描くのマジしんどいっすわww

 

 

肋骨とは?

肋骨の位置

肋骨の位置

 

肋骨とは内臓を保護するために胸の周辺の左右に平行についている骨です。

 

 

肋骨は左右に12本ずつあり、身体の前面にある胸骨と背面にある脊柱をつなぐように回り込んでいます。

 

胸骨に関節している部分は肋軟骨(ろくなんこつ)と呼ばれています。

 

 

前面から見た肋骨

 

肋骨前面

胸郭前面のスケッチ

 

胸骨を前面からみたスケッチがこちら。

 

 

胸の周囲を取り囲んでいる骨を合わせて胸郭(きょうかく)と呼び、胸骨肋骨胸椎で構成されています。

 

胸郭はカゴのような形になっていて、前後には平べったく左右には広い形状をしています。

全体は円錐形です。

 

肋骨は左右に12本ずつあり、第1肋骨〜第7肋骨を真肋(しんろく)

第8肋骨〜第12肋骨を仮肋(かろく)といいます。

 

上の7本の肋骨は肋軟骨(ろくなんこつ)で胸骨と接続しています。

 

第8肋骨から第10肋骨は肋軟骨で結合していて、弓なりの肋骨弓(ろっこつきゅう)を形づくっています。

 

 

第11肋骨と第12肋骨は浮動肋骨(ふどうろっこつ)といい、浮いた状態で腹壁に独立しています。

 

 

胸骨と肋軟骨の間には胸肋関節(きょうろくかんせつ)があり、肋骨と肋軟骨の間は胸肋関節軟骨結合(きょうろくなんこつけつごう)といいます。

 

 

それぞれの肋骨間に11あるスキマのことを肋骨隙(ろくかんげき)といい、

この間には肋間筋(ろっかんきん)という筋肉が張っています。

 

 

背面から見た肋骨

肋骨背面のスケッチ

胸郭背面のスケッチ

 

肋骨を背面からみたスケッチがこちら。

後ろにあるのは脊柱ですが、胸部にあるものは胸椎(きょうつい)といいます。

 

胸椎から真肋(第1〜7肋骨)と、仮肋(第8〜12肋骨)が前方へ向かって湾曲しつつ覆っています。

 

背面からみると下の2本の部分だけが独立しているのがわかりますね。
これが浮動肋骨(ふどうろっこつ)です。

 

 

それぞれの肋骨の種類

肋骨は平べったい形状の細長い骨でカーブを描いています。

脊柱の方から3分の2が硬い硬骨で、胸に近い3分の1が軟骨です。

 

第1肋骨のスケッチ

第一肋骨内側

第一肋骨内側

第1肋骨を内側からみるとこんな感じになっています。

 

胸椎に近い肋骨頭(ろっこつとう)肋骨頸(ろっこつけい)があり、

上部が肋骨結節関節面(ろっこつけっせつかんせつめん)です。

 

肋骨体(ろっこつたい)あたりから細くなっていき、肋軟骨関節面(ろくなんこつかんせつめん)で肋軟骨と関節しています。

 

 

 

第2肋骨を上から見たスケッチ

第二肋骨上から

第二肋骨上から

 

 

第2肋骨を上からみるとこんな感じ。

 

胸椎から弓なりに湾曲しているのがわかりますね。

 

 

肋骨頭(ろっこつとう)から始まり、凹んだ部分の肋骨頸(ろっこつけい)

 

肋骨結節関節面(ろっこつけっせつかんせつめん)があり、肋骨体付近から内側に湾曲していき肋軟骨へ繋がっています。

 

 

第2肋骨を下から見たスケッチ

第二肋骨下から

第二肋骨下から

 

第2肋骨を下から見るとこんな感じになっています。

 

下側には肋骨のあるみぞである肋骨溝(ろっこつこう)が通っています。

 

 

 

第7肋骨下から見たスケッチ

第七肋骨下から

第七肋骨下から

第7肋骨を下から見るとこのようになっています。

 

肋軟骨付近にいくにつれてより細く長い形状をしています。

 

第7肋骨内側から見たスケッチ

第七肋骨内側から

第七肋骨内側から

第7肋骨を内側からみたスケッチです。

 

よこから見るとこちらがわに肋骨頭の面が見えますね。

 

また下部には肋軟骨との接続面が見えます。

 

 

 

まとめ

肋骨のスケッチまとめ

 

 

今回は肋骨についてスケッチしつつ解説してみました。

 

 

内臓を守るために覆うようにして背中から胸部へと繋がっている肋骨は、パッと見は分かりづらいですが皮膚のすぐ下にある部分も多いです。

 

 

なので、上半身の作画をする際に大まかにどの様な形状なのか知っておくと良いのではないでしょうか。

 

 

ちなみによくミスをしがちなウエストの位置ですが、肋骨の下の部分から始まっているので、
肋骨の位置を正確に知っておけばウエストが変にならずに描けるようになるかな〜と個人的には思いますね。

 

 

肋骨について覚えておくべきことをまとめると

 

ポイント

・肋骨は左右に12本ずつある
・上から7本目までは真肋
・下の5本は仮肋
・胸骨に繋がっている部分は軟骨
・胸椎に繋がっている部分は硬骨
・一番下の2つだけ独立している
・胸骨と肋骨と胸椎を合わせて「胸郭」

 

肋骨に関しては以上を覚えておけばイラストを描くには十分だと思います。

 

 

今回は解剖学のスケッチの中でも一番大変な部類に入る難しいものだったので、実際にスケッチしてみることは絶対にオススメしませんww(嫌でもおぼえられますけどね)

 

 

でも描いてみるだけで頭に入るとは思うので、気が向いた方は是非やってみてください〜。

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-美術解剖学
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−