頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

Procreate

Procreateで画像をトリミングする4つの方法

Procreateトリミングアイキャッチ

Sponsored

 

Procreateで作業していて画像を使いたい場合もありますよね。

 

画像を使用する時に必要になるのが「トリミング(切り抜き)」です。

 

今回はProcreateを使ってトリミングをする方法について解説したいと思います。

 

 

Procreateで画像をトリミングするカンタンな方法

Procreateはイラスト制作アプリなので、あまり高度な画像加工などは出来ないのですが、カンタンな切り抜きをするくらいであればカンタンにできる方法がいくつかあります。

 

細かすぎるトリミングなどは難しいかもしれませんが、この記事の方法を使えば大体の切り抜き作業は事足りると思います。

 

選択範囲を作ってトリミングする

まずは選択範囲を作ってトリミングする方法です。

 

これがProcreateで出来る基本的なトリミングの方法なので、覚えておくと便利です。

 

①切り抜きたい画像を読み込む

①画像を読み込む

まずは適当に切り抜きたい画像をキャンバスに読み込みます。

 

画面左上のスパナマークをタップして追加から「ファイルを挿入」をタップして好きな画像を選んでProcreateに読み込み完了です。

 

 

②選択範囲作成モードに

②選択範囲を作成

 

画像を読みこんだらトリミングしたい部分の選択範囲を作成します。

ツールバーの選択範囲作成ボタンをタップします。

 

③自動選択ツールで選択

 

 

自動選択ツールを使って選択範囲を作成します。

 

中央の本部分を選択したいので、自動選択ツールで真ん中をタップします。

ホールドし左右にドラッグすることでしきい値を調整可能です。

 

輪郭部分まで選択出来たらペンを離します。

 

④フリーハンド選択ツールで選択範囲を追加

④フリーハンドで選択範囲を追加

 

選択範囲が作成されますが、自動選択ツールでは選択しきれていない部分があるので

「フリーハンド」で選択したい部分を囲んで選択範囲を追加します。

 

⑤選択範囲をコピー&ペースト

⑤コピーアンドペーストをタッチ

選択範囲が決まったら「コピー&ペースト」をタップして、選択した部分だけを新規レイヤーにコピペします。

 

⑥切り抜きが完了

 

切り抜き完了です。

 

選択範囲で囲った部分が新規レイヤーにコピー&ペーストされました。

 

 

移動ツールでトリミングする

次は移動ツールのみを使ってトリミングする方法です。

Procreateは基本的にキャンバスの外側にオブジェクトが存在できないようになっています。

 

これはある意味デメリットではあるとは思うのですが、これを逆手に取ってトリミングするという方法があります。

 

①トリミングしたい画像を取り込む

⑧箱の画像を読み込み

トリミングしたい画像を取り込みます。

今回はこんな感じの箱の画像をお借りしました。

 

この方法の場合は直線的なものの方が良いと思います。

 

②トリミングしたい範囲を決める

⑨切り抜き範囲をマーク

トリミングしたい範囲を決めます。

 

細かく決める必要はありませんが、だいたい範囲を決めておきたいのであればブラシなどでマーキングしておくと良いです。

 

今回はアウトラインをに赤ペンでマーキングしました。

 

③切り抜きしたい部分だけをキャンバス外に移動させる

⑩キャンバス外までドラッグ

切り抜きたい部分だけを移動ツールでドラッグしてキャンバス外に移動します。

 

キャンバス外に移動した部分はProcreateでは切り落とされてしまう様になっているので、これを逆に利用しようというわけです。

 

トリミングの比率などを細かく設定することは出来ませんが、ザックリトリミングしたい場合は一番手っ取り早い方法です。

 

▼残りの辺をトリミング⑪残り部分を切り抜き

 

▼こんな感じでトリミングしました⑫切り抜き完了

 

キャンバスをクロップしてトリミング

最初に切り抜いて背景などに使いたい画像がある場合は、キャンバス全体でトリミングするという方法もあります。

 

①画像をキャンバスに読み込む

⑬ハンバーガーの画像を読み込む

キャンバスにトリミングしたい画像を読み込みます。

こんな感じの超絶美味そうなハンバーガーの画像をお借りしました。

 

適当に拡大しておくとわかりやすいと思います。

 

②クロップしてサイズ変更する

⑭クロップしてサイズ変更

スパナマークをタップして、「キャンバス」を選択します。

「クロップしてサイズ変更」をタップして、キャンバスサイズ変更画面に移動します。

 

 

③フレームで調整してトリミング

⑮フレームを調整

 

画像をトリミングしたい範囲にフレームを移動させたり、フレームを縮小させたりしてトリミングします。

 

トリミングしたい範囲が決まれば「完了」をタップしてトリミングを終了します。

 

キャンバスサイズ全体がトリミングされて縮小されて嫌な場合は、もう一度キャンバスをクロップしてサイズ変更するという手を使えばOKです。

 

 

▼こんな感じでトリミングされました。

⑯切り抜き完了

 

▼好きな位置に配置します。

⑰切り抜き画像を配置

 

マスクでトリミング

トリミングしたいけど後で元に戻したいといった場合は「マスク」を使ってトリミングする方法もオススメです。

 

①画像を読み込み

⑱オレンジの画像を読み込む

 

画像を読み込みます。

今回はマスクで切り抜きしやすいオレンジの画像にしました。

 

②選択範囲を作成

⑲楕円選択ツールでドラッグ

選択範囲作成モードにして選択範囲を作成します。

丸いので右下のオレンジを選択して、左上から右下までドラッグします。

細かい部分はフリーハンドなどで調整してもOKです。

 

③マスクを作成

⑳マスクを作成

選択範囲を作成したら、次はマスクの作成をします。

 

切り抜きたいレイヤーのサムネイルをタップしてレイヤオプションメニューから「マスク」をタップします。

 

▼マスクが作成され、選択した部分以外を非表示にしてくれます。

マスクで切り抜きが完了

 

③微調整したい場合はマスクに描画

㉒マスクで調整

 

マスクが作成されてトリミングが完了しましたが、まだ必要ない部分が残っていたり、切り抜き過ぎてしまったりする場合もあります。

 

そんな時はマスクレイヤーを選択してブラシでその部分を塗れば微調整がいくらでも可能です。

 

マスクは表示が「白」非表示が「黒」なので、更に消したい場合は黒で塗って、もう少し表示したい部分がある場合は白で塗りましょう。

 

 

この方法であれば失敗してもやり直しが効くので、トリミングが上手く出来るか不安な方や、後で戻したい方にオススメです。

 

▼マスクの使い方に関する記事はコチラ

Procreateレイヤーマスクアイキャッチ
【Procreate】マスク機能でレイヤーの編集を自由自在にする方法

    Procreateで作業していて、レイヤーに描いたイラストを部分的に消したり表示したりできたら良いなと思うことってありませんか?   消しゴムで描いた部分を消した ...

続きを見る

 

まとめ

今回はProcreateで画像をトリミングする方法について解説しました。

 

イラスト制作だけではなく画像を切り抜いて使って作業したいこともあるかと思います。

 

そういう時は今回紹介した方法でカンタンに画像を切り抜くことが出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

トリミングの方法でした!

 

▼Procreateオススメ本

 

 
▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−