頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

Procreate

Procreateでレンガ素材の描き方【メイキング】

Procreate煉瓦メイキングアイキャッチ

Sponsored

 

今回は汎用性のある素材である「レンガ」をProcreateで作ってみましたので、メイキングを紹介します。

 

最終的な色調の調整などはiPad版のPhotoshopで行っていますが、Affinity Photoなどでも代用可能です。

 

イラスト制作の練習として挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

Procreateでレンガ素材の描き方【メイキング】

 

仕事で使う素材でレンガはあると便利なんですが、Procreateで作ったことはなかったので、今まで記事で紹介した機能を使ってレンガのイラスト素材を描いてみました。

レンガにもいろんな種類があると思うんですが、今回は茶色っぽいレンガ(いわゆる赤レンガ)で、隙間は白いパテで埋め込まれているようなものにしました。

 

誰でもカンタンでは無いかも知れませんが、ある程度基本的な機能を使いこなせていれば描けるはずなので、機能ごとにわからないものがあれば解説記事を参考にしてみてください。

 

シームレステクスチャとしても使いたいと考えているので、正方形での制作です。

 

①下書き

①ラインを引く

横のライン

レンガのラインの下書きを描いていきます。

ここでは描画ガイドのアシスト機能で左右対称や四分円などを使って線を引いていきます。

▼縦のラインもアシストとQuickShapeを駆使して描いていきます。

②縦ラインを引く

縦のライン

 

▼Procreateの描画ガイドの使い方はコチラ

Procreate対称ガイドアイキャッチ
procreateで対称定規(対称ガイド)を使う方法

Procreateを使っていて左右対称(シンメトリー)に描きたいなと思うことってありませんか?   PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTでいう「対称定規」機能がProcre ...

続きを見る

 

▼真っ直ぐな線が描けるQuickShapeの使い方はコチラ

ProcreateQuickShapeアイキャッチ
【Procreate】QuickShapeで綺麗な直線や図形を描く方法【オススメの設定】

    Procreateで作業していると直線やカンタンな図形を描きたいと思うことってありますよね。   そういう時に便利なのが「QuickShape」です。 &nbsp ...

続きを見る

 

 

②ベースの下塗り

③下塗り

茶色のベースカラーを塗っていきます。

ある程度のムラを残して描きます。

ここではペイントの「ニッコラル」ブラシをカスタマイズしたものを使っています。

③レンガのラインを描く

④白いライン

下書きを基準にレンガの隙間のラインを塗っていきます。

少し茶色がかった白を使って描画アシストとQuickShapeでサクッと描いていきます。

④ラインの質感を追加する

⑤ラインの質感

真っ直ぐにラインを引いたら「ニッコラル」ブラシで線に凹凸をつけて質感を追加します。

レンガの凸凹した部分や欠けた部分がわかるような感じになると良いと思います。

 

⑤レンガの凹凸を描く

⑦穴と傷質感を追加して、レンガの欠けた部分や凹んだ部分など凹凸を意識して濃い茶色で描きます。

 

⑥ラインの影を追加

⑧ラインの影を追加

描いた白いラインをコピー&ペーストで新規レイヤーにして、暗めの茶色で塗りつぶし、移動ツールでズラして影を作成します。

ズラしただけだと不自然なので、部分的に削ったり立体的に見えるような雰囲気に調整します。

⑨ラインの影を更に追加

ラインの影の下に更に影を追加しておきます。

薄めの茶色で塗ってからレイヤーの不透明度を調整したりします。

影はベースの白いラインにクリッピングマスクで重ねています。

 

▼クリッピングマスクの使い方の記事はコチラ

Procreateクリッピングマスクアイキャッチ
【Procreate】レイヤーのクリッピングマスクではみ出さずに塗る方法

    Procreateを使ってると確実に使う機能が「レイヤー」ですよね。 レイヤーは作業を進めれば進めるほど増えていくものですが、このレイヤーをうまく使うことではみ出さずにイラ ...

続きを見る

⑦ハイライトを追加

⑩ハイライトを追加

レイヤーを追加してハイライトを描いていきます。

光が当たっている部分に部分的にハイライトを入れて立体感を表現してきます。

ハイライトの当たっている部分の下に暗めの色を足したりしながら、全体的に描き込んでいきます。

 

⑧質感を追加

⑪質感を追加

レイヤーを追加して質感を足していきます。

明るい色味やくらい色味、汚れなどを良い感じで表現できればOKです。

今回は使っていませんが、このタイミングでテクスチャを合わせても良いでしょう。

 

▼いくつかレイヤーを追加して質感を描いていきます。

⑫質感を更に追加

 

 

⑨色味を追加

⑬色味を追加

全体的に彩度が低いと思ったので、色味を追加します。

新規レイヤーを追加し、合成モードをオーバーレイに変更して茶色い色で塗っていきます。

 

⑩色調補正

⑭光を追加

大体レンガっぽい感じになってきたので全体的に色調を補正していきます。

まずはこんな感じで中央に明かるい色を乗せて光が当たっている感じにします。

 

 

⑮色調の調整

データをPSD形式で書き出して、iPad版のPhotoshopで開き、「明るさ・コントラスト」で明度とコントラストを調整します。

Affinity Photoでも同じような加工が出来るので自由に調整してみると良いです。

調整したら完成です。

▼書き出し形式についての記事はコチラ

Procreate書き出し形式アイキャッチ
Procreateの書き出し形式をカンタンに解説【初心者向け】

  Procreateで制作したデータをPCで開いたり、画像にしてTwitterやブログに載せたりしたいことってありますよね。   そんな時に便利なのがアクションパネル「共有」メニ ...

続きを見る

 

 

 

 
▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−