頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

Procreate

【Procreate】レイヤーのクリッピングマスクではみ出さずに塗る方法

Procreateクリッピングマスクアイキャッチ

Sponsored

 

 

Procreateを使ってると確実に使う機能が「レイヤー」ですよね。

レイヤーは作業を進めれば進めるほど増えていくものですが、このレイヤーをうまく使うことではみ出さずにイラストを描いたりすることが簡単にできる機能があります。

 

その機能とはレイヤーの「クリッピングマスク」です。

 

 

今回はこのクリッピングマスクについて簡単に使い方を解説してみたいと思います。

 

慣れると非常に便利な機能なのでぜひ使い倒してみましょう!

 

【Procreate】レイヤーのクリッピングマスクではみ出さずに塗る方法

 

プロクリエイトに限らずレイヤー機能のあるソフトには必ずあるといっても良い機能のひとつがクリッピングマスクです。

 

クリッピングマスクを使いこなせるようになると、イラスト制作の幅がさらに広がるので初心者こそ抑えておきたいところです。

 

クリッピングマスクには様々な使いこなし方があり、なかなか奥が深くてなれるまで少し時間がかかるのですが、

基本的な使い方としてはそこまで難しくはないので、使い倒して覚えていくことをオススメします。

 

 

クリッピングマスクとは

 

まず最初にクリッピングマスクについてひとことで説明すると、

 

「下のレイヤーに描画された部分でマスクを取る」

 

といった機能になります。

 

下のレイヤーに描画した部分を下地としてマスクを取る、つまり下地に描いた部分以外にはみ出さずに塗ることができる機能といった感じです。

 

文字で説明するよりも実際にやってみるほうがわかりやすいので、早速みていきましょう。

 

 

クリッピングマスクの使い方

 

今回は30分ほどで適当に描いたリンゴのイラストを使いまわして解説してみたいと思います。

このイラストを描く際はクリッピングマスクを多用しているのでわかりやすいはず!!

 

▼適当に描いたリンゴのイラストのメイキング記事はこちら

Procreate_リンゴアイキャッチ
Procreateでシンプルなリンゴの描き方

  こんにちは。 夏ワタル(@summering26)です。   最近iPadを持ち歩くことが増えまして色々とイジっているんですが、iPad版のPhotoshopの機能が少なすぎて ...

続きを見る

 

①マスクをかける下地レイヤーを決めて描画する

①下地のレイヤーを作成して描画

 

まずは下地となるレイヤーを作成します。

このイラストではリンゴの形をしたシルエットを塗りつぶしています。

 

クリッピングマスクを作成するとこの下地のレイヤーに描いた部分からはみ出さずに塗れるようになります。

 

適当に好きなシルエットなどを描いて試してみましょう。

 

 

 

②下地のレイヤーの上に新しいレイヤーを作って塗る

②新規レイヤーで塗り重ねる

下地となるレイヤーを作成して描画したらその上に新しいレイヤーを作成します。

このレイヤーに適当に塗ってみましょう。

 

この時点ではまだクリッピングマスクを作成していないので、はみ出してしまっています。

 

 

 

③レイヤーオプションメニューから「マスクをクリップ」をタップ

③クリッピングマスクを作成

次にこのレイヤーのサムネイルをタップして「マスクをクリップ」をタップします。

 

▼そうするとレイヤーのサムネイルの左側にマークが出ます。

これで、このレイヤーは下のレイヤーにクリッピングされました。

 

④クリップされる

 

 

④下地のレイヤーからはみ出さずに描ける

 

 

下のレイヤーにクリッピングされたレイヤーはそのクリッピングマスクされた下地のレイヤーの描画された範囲からはみ出さないようになります。

 

このイラストの場合は下地のリンゴのシルエットレイヤーからはみ出さずに塗れるので、

色や質感を追加したい場合に新しいレイヤーをどんどんクリップしていけば、下地のレイヤーからはみ出さずに新しい要素を追加していくことが出来ます。

 

 

最初にシルエットを決めてしまえば新しいレイヤーをいくつ追加しても、クリップしている限りははみ出さずに塗れるというわけです。

 

▼複数のレイヤーを重ねてクリッピングできる。

⑤重ねてクリッピングマスクを作成

 

 

▼ハイライトや質感などを足してもはみ出さないので便利

⑥複数のクリッピングマスクを重ねがけ可能

 

まとめ

クリッピングマスク

今回はレイヤーの「クリッピングマスク」機能について解説しました。

 

上からはみ出さずに塗ることができるクリッピングマスクは、普通のマスクと違って管理しやすいですし、

カンタンに質感やエフェクトなどをはみ出さずに塗ることができる非常に便利な機能です。

 

Procreate初心者の方こそ、ぜひクリッピングマスクを使ってイラスト制作をしてみてください!

 

 

クリッピングマスクの解説でした!

▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−