頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

Procreate

Procreateのカラーパネルの基本的な使い方【HSB調整がオススメ】

Procreateカラーパネルアイキャッチ

Sponsored

 

Procreateで作業中に必ず使うのがカラーパネル(色選択)機能です。

 

今回はProcreateのカラーパネルの基本的な使い方と見方について解説します。

 

Procreateのカラーパネルの基本的な使い方【HSB調整がオススメ】

 

Procreateの色変更を行う際に使うのがカラーパネルですが、Procreate5では5種類のパネルモードが用意されています。

 

またドラッグ&ドロップで簡単に塗りつぶしたりすることができるジェスチャーである「ColorDrop」なども使用可能です。

 

カラーパネルの基本インターフェイス

①インターフェイス

カラーパネルの基本のインターフェイスはこのようになっています。

 

画面右上の選択中のカラーが表示された部分(カラーボタン)をタップでカラーパネルを開くことができます。

 

パネルの右上にある小さな四角い窓の左側は現在選択しているアクティブカラー、右側にはセカンダリーカラーが表示されています。

 

それぞれの小窓をタップして色を選択すれば、2つの色を同時に選択可能です。

 

基本的には現在選択しているアクティブカラーがキャンバスに描画されますが、セカンダリーカラーを同時にキャンバスに描画するという裏技もあります。

 

中央にカラーの選択領域があり、カラーパネルの下部には選択したカラーの履歴が残るようになっています。

またその下にはパレットが表示されています。

その下にはパネルモードが表示されています。

 

 

カラーパネルは切りはなし可能(カラーコンパニオン)

カラーピッカーのパネルを開くには画面右上のカラー部分をタップする必要がありますが、作業中にカラーパネルを開くのが面倒な事もありますよね。

 

そんな時はカラーパネルを切り離せばキャンバスに常に表示させたまま色を選択することができます。

 

▼まずはカラーパネルを開いて

②カラーパネルを表示

▼カラーパネル上部の灰色バーの部分をキャンバスまでドラッグ。

③ドラッグ&ドロップで切り離し

▼キャンバスの好きな位置に配置して作業します。

④好きな位置に配置

切り離して常時表示出来ます。

 

切り離したカラーパネル(カラーコンパニオン)を元のドックに戻したい場合は右上のXボタンを押せばOKです。

 

5種類のカラーパネルモードが使える

 

Procreateで使える5種類のカラーパネルモードについて説明します。

ディスク

⑤ディスク
Procreateオリジナルである基本のカラーパネルです。

 

カラーサークル(色相環)で色相を選択して、中心にあるパネルで明度と彩度を調整出来ます。

 

カラーサークルを消して明度・彩度パネルを拡大する

⑥色相部分を拡大

ディスクの中心をピンチアウトさせることで、カラーサークルの表示を消すことができます。

 

 

 

⑦拡大される

 

色相などを間違えて変えてしまいたくない場合はカラーサークルを消して明度と彩度だけ調整できるようにしておくのも良いと思います。

 

 

クラシック

⑧クラシック
色相環が無く、四角い画面で明度と彩度を調整する「クラシックモード」です。

パネル上部にある四角い画面で明度や彩度を調整して、その下のHSBスライダーで細かい色の調整をしていきます。

HSB

  • Hue(色相)
  • Saturation(彩度)
  • Brightness(明度)

 

ハーモニー

⑨ハーモニー
ハーモニーでは色相環に似たサークルで基本の色相と彩度などを調整し、下のスライダーで明度を変更します。

 

また選択しているカラーに対して補色になっているカラーが同時に選択されるようになっています。

 

色のバランスを考えてイラストを描いていきたい場合はここで作成された補色を選択して描画していくとバランスが良いイラストが描けます。

 

 

バリュー(値)

 

⑩Value

バリューはそれぞれの値でカラーを調整するパネルです。

 

HSBやRGBなどでカラーを微調整できます。

 

またその下には16進数のカラーコードを入力することも出来ます。

細かい数値でカラーを管理したい方にオススメです。

 

HSB

  • Hue(色相)
  • Saturation(彩度)
  • Brightness(明度)

 

RGB

  • Red(赤)
  • Green(緑)
  • Blue(青)

パレット

⑱パレット

パレットでは自分の選んだ色を保存しておくことができます。

 

右上にある+ボタンをタップして新しいパレットを作成可能です。

 

デフォルトボタンを押すとそのパレットにカラーを追加していくことができるようになっているので、カラーパレットを作っていきたい場合は好きなパレットのデフォルトボタンを押しておきましょう。

 

パレット名を変更

⑲パレット名を変更

パレットの名前部分をタップしてパレット名を変更することが出来ます。

 

パレットにカラーを追加

⑳別のモードでカラーを変更

好きなパレットを選択しておいて、他のパネルに切り替えます。

 

そして好きなカラーを選択して下のパレットをタッチするとカラーを追加することが出来ます。

 

パレットのカラーの削除と切り替え

㉒カラーをタッチして削除_セット

セットを選ぶ

パレットの中のカラーをタッチすると「削除」と「セット」を実行出来ます。

「セット」を選ぶと現在選択しているカラーとパレットにあるカラーを入れ替えることができます。

 

㉓現在選択しているカラーに

色を入れ替え

セットを選ぶと現在選択しているカラーと入れ替え可能です。

 

 

カラードロップ(塗りつぶし)の使い方

Procreateではカラードロップという塗りつぶし機能があります。

 

最初に色を付けて印をつけておいた範囲にドラッグ&ドロップで塗りつぶすといったことが可能で、線画を塗っておいてその内側にカンタンにベタ塗りをするという使い方もオススメです。

 

▼画面右上のカラーボタンの部分をキャンバスまでドラッグ&ドロップします。

⑪カラードロップ

 

 

▼選択した色でキャンバスが塗りつぶされます。

⑭しきい値を調整

 

▼あらかじめ塗りつぶしておきたい範囲に色をつけておいて、そこにカラードロップすることで塗りつぶすこともできます。

⑬範囲を選んでドラッグ&ドロップ

 

▼ドラッグ&ドロップしてカラードロップされたままペンを離さずに左右にスライドすることで「しきい値」の調整も可能です。

⑭しきい値を調整

しきい値を89.0%では塗りつぶしが全体に適用される

 

別レイヤーでカラードロップする

線画など書いてその範囲を別のレイヤーでカラードロップしたい場合は、塗りつぶしたい範囲を描いた線画を用意して、そのレイヤーを「基準」に設定します。

 

 

▼基準に設定

⑮基準を設置

 

▼そうすると、基準に選んだレイヤーを元にカラードロップしてくれるようになります。

⑯ドラッグ&ドロップして別レイヤーに

リンゴの線画の下にドロップ

 

⑰ヘタ部分にドラッグ&ドロップ

リンゴのヘタにドロップ

 

線画のあるキャラクターなどを描きたい場合便利ですね。

※基準レイヤーはひとつしか選べないのがデメリットです。

 

まとめ

 

今回はProcreateのカラーパネルの基本的な使い方を解説しました。

 

それぞれ好みのカラーパネルで効率よく色を選択して、Procreateでの制作を進めていきましょう。

 

個人的にはHSBスライダーとクラシックとパレットを使って作業するのがオススメです。

 

クラシックで直感的に色選択▶HSBスライダーで微調整▶調整して選んだカラーをパレットに登録。

 

この流れが安定しています。

カラーパネルの使い方でした!

▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−