頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

Procreate

明暗を意識して立体的な球体を描く方法【Procreate】

Procreate球体を描くアイキャッチ

Sponsored

前回明暗を意識した立方体(キューブ)を描く方法について記事で解説しましたが、

イラスト制作時においては立方体の他に「球体」を描くのも、明暗を意識する良い練習になります。

 

デッサンの授業などでも球体(リンゴ)とかを最初の方に描くことが多いと感じますが、これも明暗を理解するのに有効な手段だからなのでしょう。

 

今回は前回と同様にProcreateの機能を使って明暗を意識した「球体」を描いてみましたので、どうすれば立体的に見えるかなどのポイントについて解説してみたいと思います。

 

▼前回の記事はコチラ

Procreate立方体を描くアイキャッチ
明暗を意識した立体的なキューブを描く方法【Procreate】

  イラストを描く際に意識しておきたいのが、明暗です。 そしてデッサンなどでも初心者が明暗を理解しやすいのが立方体ですよね。   今回はProcreateで明暗を意識した立方体の描 ...

続きを見る

 

明暗を意識して立体的な球体を描く方法【Procreate】

光の影響である明暗を意識して、パキッとした立方体を描くのは建物や家具などの人工物などのイラストを描く際の基本のトレーニングになります。

 

立方体に対して「球体(スフィア)」を描くのはフルーツなどの自然物(有機物)など、曲線が多用に組み合わさっているものを描くトレーニングになります。

立方体はカンタンですが球体は意外と難しかったりしますが、Procreateにある機能なども上手く使いつつ描いてみて、立体感を表現するにはどのようなことを理解すれば良いのか感覚的に理解するのはオススメです。

 

それでは順番に解説します。

 

①ベースカラーを塗る

①ベースカラー

まずはベースの形となるカラーを塗ります。

 

Procreateの選択ツールの楕円で円の選択範囲を作り、レイヤーを塗りつぶします。

 

②球体の影を塗る

②選択範囲

右下部分を残して選択範囲を作成する

次は球体自体に出来る影(Shade)を描いていきます。

新規レイヤーでクリッピングマスクを作成し、ベースカラーで塗りつぶした部分を選択。

 

その後選択ツールで上の画像のように選択部分を削除します。

 

③影を塗りつぶす

クリッピングマスクしたレイヤーを暗めの色で塗りつぶすとこんな感じの簡易的な影ができます。

 

 

④影をぼかす

影の濃さを調整ツールで濃い目に変更して、レイヤーを複製して更に濃くします。

 

その後ぼかしをかけると上記のようになります。

 

 

⑤反対側の影を描く

右下は濃く、左上の奥は弱めに影をつけます

次は右下の影として作ったレイヤーを複製して「回転」

左上の光が当たっている部分の奥も若干暗くします。

こちらもぼかしたり消しゴムで削ったりして調整します。

 

 

③反射光を描く

⑥反射光の選択範囲を作成

次は反射光を描いていきます。

影を描いた時と同じように選択範囲を作って塗りつぶしていきます。

 

球体が地面に置かれていたとしたら、地面から光が反射して光の当たっている部分と反対の面に弱く反射します。

 

⑦反射光を作成

明るめの色で右下側を塗り潰しました。

 

⑧反射光をぼかす

調整ツールでぼかしをかけて、ふんわりと反射した光のベースが出来ます。

 

④地面に影を描く

⑨落下影を描く

次は球体によって地面に出来た影を描きます。

パースに沿った影を正確に描くのはとても難しくて、パースラインに沿った複雑な計算が必要だったりするのですが、

めんどくさいので今回は簡略化します。(手抜きですねw)

使った方法は、

球体のが地面に接している部分にラインを引く

▶球体の端から光の落ちる方向に線を引く

▶球体のベースカラーを複製して塗りつぶす

▶変形ツールで縦に圧縮してラインに合わせる

 

 

これで手っ取り早く落下した影を描くことが出来ます。

 

 

⑩落下影をぼかす

 

落下影を描いたらぼかしをかけて影のベースは完了です。

 

⑤背景を塗る

⑪背景を塗りつぶす

背景が真っ白なのもどうかと思ったので、少し彩度が低めのオレンジ色でグラデーションをかけて背景を塗ります。

左上から右下に光が落ちているという設定なので、奥の上部を暗めにして、手前の方は明るめにしました。

 

 

⑥ハイライトを追加する

⑫ハイライト描く

ハイライトを追加していきます。

球体の左上に明るめの色でハイライトを描き、ぼかしをかけました。

 

 

⑦仕上げ

⑬マスクを作成

仕上げをしていきます。

 

落下影を描いたレイヤーにマスクを追加し、球体から遠くにいくに従って薄くぼかしていきます。

 

 

⑭仕上げ

落下影にクリッピングマスクで球体の色である青色を追加し、球体の左上のフチにも薄くハイライトを追加しました。

また球体の影の色も彩度を挙げたり濃さを調整しました。

 

⑧完成

⑮完成

 

背景のグラデーションの彩度を上げたり、細かい部分のコントラストを挙げたりなど調整して完成です。

 

まとめ

基本的に球体の明暗を表現するときには、光が当たっている部分とハイライト、影の部分と反射光を描くと立体的に見えます。

 

落下した影の部分は球体に近いほど暗くなりますし、地面に設置している部分が一番濃いです。

光の影響と影の表現が上手く出来るようになれば普通のイラスト制作時にも応用できると思うので、沢山練習してみるのがオススメ。

 

 

Procreateを使えばこんなイラストもサクッと描けるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

明暗意識した球体をの描き方でした!

 

 

▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−