エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

Procreate

Procreateでシンプルなリンゴの描き方

Procreate_リンゴアイキャッチ

Sponsored

 

こんにちは。

夏ワタル(@summering26)です。

 

最近iPadを持ち歩くことが増えまして色々とイジっているんですが、iPad版のPhotoshopの機能が少なすぎて使えないな〜と思っていました。

 

そこでインストールしたまま放置していた「Procreate」を少し触っていこくことにしました。

 

PCのグラフィックソフトとまったく操作性が違うので、なかなか使いこなすことが難しいですが、

外出時の作業が今後増えることそうなので、ある程度は使いこなせるようになっておこうと思い毎日触っています。

 

 

今回はProcreateの練習も兼ねて、いつもグラフィックソフトを覚える時に描くようにしている「リンゴ」のイラストを描いてみましたので、

それのメイキングです。

 

 

Procreate使っていくぞ〜

 

 

Procreateでシンプルなリンゴの描き方

 

デッサンでもよく使われていそうな「リンゴ」ですが、いつも初めて使うグラフィックソフトや、紙やペンをさわるときはリンゴを描くようにしています。

 

リンゴには基本的な陰影とか曲面などの表現や最低限の質感や模様があるので、練習にはもってこいだと思っているので理由です。

(iPadはAppleですしね。関係ないですがw)

 

使い勝手がわかりにくかったんですが、とりあえず色々と使用感など確認しながらの進行になりました。

 

①リンゴの下書きを描く

まずは適当にフリー素材を探して観察して、「リンゴ」の下書きを描きます。

 

背景とかめんどくさかったのと1時間くらいしか時間がなかったので、ただリンゴがおいてあるだけの構図です。

 

 

 

 

②ザックリ下塗り

リンゴの明暗の中間くらいの明るさで下塗りをします。

一番明るい部分と一番暗い部分のちょうど中間あたりで塗ってみました。

 

③ペイントのスペクトラで陰影と質感を追加

 

 

ざっくりと陰影の表現と質感の下地を作ります。

ブラシはペイントのスペクトラが良さげだったので使ってみました。

影がだいたいどのくらいのイメージになるか考えつつサクサク適当に塗っていきます。

 

使用する色のパレットを一番上に描いて、いつでもスポイト出来るようにしています。

 

 

④リンゴの繊維の方向に沿って塗る

次はペイントの古いブラシを使って、リンゴの表面に沿って軽く質感を追加しました。

デッサンでいうところの方向に沿ったハッチングで塗っていくようなイメージでしょうか。

難しいことは考えずに適当にいきます。

 

⑤黄色い色味を描く

リンゴのヘタが生えている部分のや、下部の部分に黄色で表面に沿って塗ってみました。

 

使ったブラシはペイントの油彩です。

まあ下地なのでなんでも良いかと思います。

 

⑥指先ツールで整える

 

下地で塗った黄色を指先ツールで馴染ませます。

 

ブラシはペイントのギザギザブラシを使いました。

 

指先で馴染ませる時に少し抜きに線が出る感じが良いと思ったので、このブラシを使いました。

 

⑦ハイライトを追加

リンゴの上部に当たる部分にザックリとハイライトを塗っていきます。

使ったブラシはペイントのスペクトラです。

 

▼この時点でのレイヤー構成はこんな感じ。最初に描いたリンゴのベースに追加要素をクリッピングさせています。

⑧リンゴの皮の質感を追加

リンゴの皮の質感を入れていきます。

上部の緑の部分に近い色味も活かしつつ、表面のザラザラした感じをザックリ描いていきます。

 

ブラシはテクスチャのダブレイクとやらを使いました。

まあ質感だせればなんでも良いかな〜と。

 

⑨緑の色味の質感を追加

上部の緑の部分の色を拾って、追加で色味を足していきました。

目指す感じはリンゴの質感のところどころに緑要素が垣間見える雰囲気です。

 

▼ザックリ塗ったら消しゴムで消していきます。消しゴムの形状はスタッコです。

⑩リンゴの斑点模様を描く

リンゴの下地はだいたいできたので、表面にある緑色っぽい斑点模様を描いていきます。

これの模様は入ることでグッとそれっぽくなりました。

緑色っぽい黄色を使ってちまちま描きました。

 

 

 

リンゴの下地の色をスポイトして斑点模様を馴染ませました。

 

下部に向かうに従って、少し暗めの色味で塗っていく感じです。

 

⑪背景を追加

 

 

流石に白抜きの背景は寂しすぎたので、ザックリグラデーションで背景を塗りました。

 

▼リンゴが暖色なので、敢えて寒色で背景の色味を追加します。

⑫塗り足して色味を追加

少し色味の彩度が高すぎる気がしたので、調整しつつ暗めの色を描き足します。

 

影やリンゴの曲面が画面に対して直角に近い部分などに、暗い色味を追加してコントラストを上げていきます。

ぼちぼち仕上げに近づいていますね。

 

このタイミングで下描きの線画を消して、全体の輪郭を調整しました。

⑬全体の調整

ハイライトや色味を覆い焼きレイヤーで追加していきます。

 

部分的に彩度の高い部分を作ったり、ムラができるように塗っていきます。

瑞々しさというかフレッシュさが欲しいところですね。

美味しそうにしたいです。

 

⑭影を追加

リンゴが地面に設置してある部分に落ちている影を濃くしました。

 

これで置いてある感が強くなり、リアリティーが増しました。

またリンゴの下の地面のみ明るくして、落ちている影とのコントラストを強めにしました。

 

全体的にコントラスト強めで仕上げた感じです。

 

 

⑮完成

Apple_f

最後に全体的な色味の調整とボカシなどを追加して完成です。

 

カラフル過ぎてもわざとらしい気がしたので、すこし落ち着いた現実的な色味に調整しました。

 

 

美味しそうなリンゴになりました。

 

Procreateを使ったリンゴの描き方でした!

▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-, ,