頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

Procreate

サクッと描ける雲素材の描き方【Procreate】

雲素材メイキングアイキャッチ

Sponsored

 

背景イラストを描く際に何かと便利なのが雲の素材です。

 

カンタンなものを複数描いておけば、加工したりして使いまわせますし、時間帯を変えて使用することも出来て便利なんですよね。

 

今回はProcreateのプリセットブラシを使ってカンタンな雲素材を描く方法について紹介したいと思います。

 

 

サクッと描ける雲素材の描き方【Procreate】

Procreateにあらかじめ用意されているブラシや機能を使用すればサクッと雲の素材が描けます。

リアリティーの高いものを描くのは少し難しいですが、素材として使用できる必要最低限なクオリティーのものであれば比較的短時間で完成させることが出来ます。

 

練習も兼ねて複数作っておくと意外と役立つこともあるので、色々描いてみるのがオススメです。

 

それでは解説していきます。

 

①下書き

①線画

適当に下書きを描きます。

なんとなく全体的なイメージが出来る程度でOKです。

 

②空のベースカラーを塗る

②背景カラー

背景にある空のベースカラーを塗ります。

 

③雲のベースを塗る

③ベースカラー

暗めの色で雲のベースカラーを塗ります。

モコモコした感じの輪郭にしました。

手前の大きな雲と、奥の小さな雲を別レイヤーで描いてみました。

 

 

④ハーツを使用

ブラシは「ハーツ」を使いました。

 

 

④小さい雲を追加

⑤下側の雲

遠くにある雲を下側に描きます

メインの雲の他に遠景にある小さい雲のベースカラーを追加します。

 

 

⑥後ろ側の鱗雲

画面上部の奥にもうろこ雲的な細かい雲を追加しました。

 

アーティスティックの「レザーウッド」ブラシの間隔をブラシスタジオでいじってい描くと時短になります。

 

⑦線画を消した状態

ザックリ下塗りはこんな感じで終わりです。

細かく雲を描き足してベースの下塗りは終わりです。

下書きの線画はいらないので消しておきます。

 

⑥影色を塗る

⑧影色

雲の影色を塗っていきます。

新規レイヤーを追加していき、クリッピングマスクして暗めの水色を塗っていきます。

「レザーウッド」ブラシを小さめで使うとそれっぽい輪郭になるかもです。

 

⑦影色をぼかす

⑨影色をぼかす

影色をぼかしていきます。

指先ツールを使ったりして雲っぽく馴染むようにぼかしていきます。

 

⑧雲を追加してぼかす

⑩うろこ雲を追加

遠景に細かい雲を追加してぼかします。

風の流れを意識してポンポン塗っていきます。

 

⑪モーションブラーを追加

遠景の雲をぼかします。

指先ツールでも良いですが、調整ツールの「モーションブラー」を使ってみました。

 

⑫モーションブラー追加後

モーションブラーを使うとこんな感じで雲が移動している時に生じたボケが表現出来ます。

指先ツールで細かく伸ばしたりぼかしたりしても良いですが、時間がかかってしまうので「調整」で対応しました。

ハイクオリティーなものよりもサクッとカンタンに描きたかったので、調整ツールで時短しました。

 

⑨影の色味を追加

⑬影色を追加

 

雲の影色を追加していきます。

青空なので、暗めの青色で影部分のみを選択して塗りました。

 

 

⑭影色をぼかす

下側の雲にも若干色味を足しました。

(わかりにくいですが……)

 

 

⑮色味を更に追加

紫っぽい色味も混ぜます。

 

⑯ぼかしを追加

「調整」でぼかしました。

 

 

⑩光を追加

⑰ぼかしを追加2

明るい部分に光を追加していきます。

適当に色を乗せてぼかしでふわっとさせます。

 

⑱スクリーンで合成

紫っぽい色味を「スクリーン」で合成しています。

 

 

⑲オレンジを追加

オレンジっぽい色味も少し追加します。

 

 

⑳多い焼きカラーで合成

合成モード「多い焼きカラー」で光を乗せています。

合わせて全体の色味やコントラストを調整しました。

 

⑪完成

㉑完成

最後に色味を調整して完成です。

かかった時間は1時間半くらいでサクッと描けました。

 

 

Procreateを使えばこんな感じでサクッと手軽にそれっぽい雲素材が描けるので、ぜひやってみて貰えればと思います。

 

雲素材の描き方でした!

▼Procreateオススメ本

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-Procreate
-, , ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−