エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

働き方

副業するなら早朝にするべき理由【生産性アップ】

朝の読書

Sponsored

こんにちは。
副業でイラストレーターやってます、夏ワタル(@summering26)です。

 

昔と違って今の世の中は副業が当たり前ですよね。

 

終身雇用や年功序列制度なども崩壊しつつある昨今では、会社の仕事だけではなく副業で収入を得る人も増えています。

 

 

しかし副業で稼ごうとしている人が必ず直面する問題が副業する時間についてです。

「副業したいけどあまり時間がなくていつやればいいかわからない」
「会社から帰ってくると疲れてしまって副業する気になれない」
「副業したいけど気づけば1日が終わっている」

 

 

そういった悩みを持っている人は多いと思います。

かつては僕もそうでしたがこういった悩みを解決する方法が1つあります。

 

 

それは早朝に副業をすると言うことです。

 

今回は普段は会社員として働きながら副業している僕がなぜ早朝に副業するべきなのかについての理由を話していきたいと思います。

 

 

副業するなら早朝にするべき理由

副業する業種にもよるのですがここでは主に在宅や出先で作業ができる副業を前提に書いていきたいと思います。

それは僕が実際にやっているイラストレーターという副業が在宅でもできて出先でもできる仕事だからです。

 

実体験に基づいているので説得力はあるのかなと個人的に思っています。

 

それでは順に早朝副業のメリットを紹介していきたいと思います。

 

早朝は余計な用事が入らないから

早朝は余計な用事が入らないから
普段から会社員として働いていると1日を通していろんな用事が入ってきますよね。

 

例えば家族にお使いを頼まれたり、仕事中なら関係ない細々とした雑用を頼まれたり緊急の会議が入ったり、クライアントからの修正が入ったりといった余計な用事がどんどん入っていくのが普通だと思います。

いくらスケジュールを綿密に立てたとしても突発的な仕事が入ってくるせいでなかなかまとまった時間を取れなかったり予定通りに進めることができなかったりします。

 

 

会社ですらそんな感じなのに、家に帰ったら家族にいろんな用事を頼まれたり、相手をしていたりするとあっという間に1日が終わってしまいます。

 

 

特に夜は誘惑が多いです。

 

 

会社では飲み会に誘われたりするかもしれませんし、家では家族とテレビを見てしまったり、YouTubeを見てしまったり、SNSを眺めてしまったりすることも多いでしょう。

 

しかし早朝はそういった邪魔が一切入りません

 

 

家族がまだ眠っているような時間帯に起きて早朝すれば邪魔される事はありませんし仕事で余計な用事を頼まれることもありません。

 

なぜならみんなまだ寝ているから。

 

細々とした邪魔な用事を全てシャットアウトして作業に専念するのにぴったりなのが早朝の時間なのです。

 

 

ちなみに僕は早ければ5時遅くても6時には目を覚ますようにしてます。

そうすると最低でも2時間程度作業に使うことができますし、余計な用事が入ることも一切ないです。

それに早起きして時間を有効活用していると1日の満足度が格段にアップします。

 

 

夜にダラダラとYouTubeを見てしまって後悔するようなこともないです。
なぜならもう朝にある程度作業してしまっているので自分に対する意味がないからです。

 

早朝に起きるのはなかなか大変かもしれませんが慣れればとてもQOLがあがりますよ。

副業じゃなくても勉強に使うのも悪くないでしょうし、自分の趣味に早朝の時間を使うのもオススメです。

 

 

寝起きは頭がクリアになっているから

朝の浜辺

 

人間の脳は起きてからの2時間が一番クリエイティブだと聞いたことがあります。

それは実際に体感している事でもあります。

 

夜に帰ってきても仕事で疲れてヘトヘトな状態ですが、朝はしっかり休んで体も頭も休息が取れている状態ですよね。

睡眠で脳がリフレッシュされ体の給食も充分取れている状態なのが寝起きの2時間であり、この時間は人間の意思決定力が1番強い時間だともされています。

 

科学者の茂木健一郎さんも朝の3時間後はゴールデンタイムだと語っていて、ご自身も小学生の頃はジョギングを、高校生の頃は英語の原書を読んだりしていたそうです。

脳科学者が勧める「朝時間」の使い方

 

脳科学者もお墨付きの寝起きの数時間を副業に充てることができればクリアな思考で生産性の高い作業することができます。

 

実際に早朝に作業した時と夜に作業等を比べてみても作業の進捗の早さが段違いでした。

帰宅してから夜に副業の作業して3時間ほどかかっていた作業も、早朝にやるようにしたところ1時間半位で終わるようになったんですよね。

 

タイピングのスピードも夜にやるよりも朝にやる方が断然早くてミスタイプも少ないと実感しています。(まあ僕は元々タイピングがとても遅いのですが)

 

 

朝が1番意思決定力が強いから


昔からよく聞く話なのですが人間の脳には意思決定力と言うものがあるらしく、それは朝が1番強いと言われています。

(最近では意思決定力など無い説もあるらしい)

 

何か重大な決断をする際には意思決定力が必要であり、意思決定力は限られていると言う説です。

 

 

個人的にはこの意思決定力と言うのは実際にあるのかなと思っていて、
朝に重大な決断をするのと夜に重大な決断するのとでは消費するエネルギー(精神的な)に違いがあると感じています。

 

 

例えば朝の時間は副業の作業をしようと思っても軽い気持ちで取り掛かれるのですが、
夜になるとなぜかダラダラしてしまって作業に取り掛かるのが遅くなってしまいます。

そしてようやく重い腰を上げて作業を始めたのは1時間後だったと言うことが多々ありました。

 

 

夜は仕事で疲れているせいもあってかやる気が起きず、めんどくさい作業に対してのハードルがとても高いと感じてしまいます。(主観的な意見ですが)

 

しかし朝は周りの邪魔が入らないと言うこともあってか、多少めんどくさい作業であっても5分ぐらいでなんとなく取り組み始めることができるのです。

 

 

朝は清々しい気持ちでやる気に満ち溢れていますが夜は疲れ果てていて全くやる気が起きないと言う人もいるでしょう。

 

そういった人ほど早朝に作業するようにして、夜はリラックスタイムと割り切ってサクッと寝てしまうことをオススメします。

 

 

習慣化しやすいから

継続的に副業をするのであれば習慣化するのは必須だといえます。

 

 

どんな副業ででも習慣化してしまえば心理的なハードルが下がり継続しやすくなるからです。

 

例えば代表的な例ではブログとかですね。

 

最近は副業ブームでブログを始める人がとても多いと聞いていますが、ブログでも副業でも重要なのはやはり習慣的に作業を続けて、それを継続すると言うことなのではないでしょうか。

 

 

単発バイトなどとは違ってネットを介して副業は継続力がやはり重要です。

そのためには早朝はいつも作業することにして、習慣化してしまうのが手っ取り早いです。

毎朝起きたら歯を磨いて朝ごはんを食べて会社に行く……というように毎日の習慣にしてしまうとハードルがぐっと下がります。

 

 

早朝の時間を習慣的に副業の作業をするといったように決めてしまい、ルーティーンを作ってしまえば継続力が身につくからです。

 

そして習慣的なことを1番しやすいのが朝なのです。

 

毎朝起きたら歯磨きのように副業の作業をする。

これを三ヶ月続けたら行動に移すハードルがとても低くなりますよ。

 

 

忙しいからこそ時間を有効活用できるから

砂時計

朝って忙しいですよね。

 

朝食を食べたら出発の準備をしたりとやることが山積みですし、出社時間などもあるので制限時間があります。

 

これが逆に早朝の時間に副業をオススメする理由のひとつです。

 

人間は制限時間がなければあっというまに時間を使ってしまう生き物です。

 

何事も締め切り(デッドライン)がなければ集中して作業しませんし、集中して作業しないとダラダラと無駄に時間を使ってしまうようになります。

 

 

「デッドライン効果」という言葉をご存知ですか?

やるべきことに締め切りを設けることによって作業に集中することができて、時間あたりの生産性が上がるという心理効果のことです。

例えば締め切りがないような仕事よりも締め切りが厳密に決まっていて、必ずそれに間に合わせなければいけないような仕事であれば急いで作業を進める必要がありますよね?

 

 

朝の時間というのは通勤や出社時間と言うものが決まっているので、
それまでに作業を終わらせなければいけません。

 

いわば良い意味でのデッドライン効果を持たせることができるのです。

「早朝に起きてからの1時間以内に絶対にこの作業を終わらせる」

 

 

そういう決意で集中して副業の作業進めるととても生産性高く時間を使えるようになります。

出勤しなければいけないわけですからいやでも集中して作業するように自分を追い込むわけです。

そうすると時間があるときにじっくりやったときよりも何故か良い成果が生まれたりします。

 

制限時間内に作業終わらせるために無駄な要素を削り落とすことによって、無意識のうちに本質的な作業のみをすすめることが出来るからです。

夜はリラックスする時間にしよう

猫

朝の時間を副業に当てて昼間の時間を会社の仕事に充てると帰宅したときにはもうヘトヘトですよね。

それならば夜は逆にリラックスする時間に使いましょう。

 

疲れている頭で副業に取り組んでも集中して作業することは難しいですし、夜はゆっくり休むべきです。

朝にがっつり作業した分、夜はゆっくりしてもいいと自分を甘やかすことも重要です。

アメムチではないですが作業を頑張るアウトプットの時間と、作業を頑張らないアウトプットの時間を分けると一日の時間にメリハリができます。

 

朝に頑張って作業したんですから、夜は自分の好きなことに時間を使ってリラックスしたりストレス発散したりしましょう。

 

 

 

夜にオススメなのが読書をすることや映画鑑賞することです。

 

 

読書をすることで情報インプットしたり、映画鑑賞してエンターテイメントを楽しみ教養を身に付けることができるからです。

新しい副業に関する勉強しても良いですし仕事に関する勉強しても良いと思います。

 

 

友達と飲みに行ってもいいですし、夜はリラックスする時間と割り切ってしまう方がよほど1日を効率的に使えます。

僕の場合は朝に副業しているので夜は本を読んだり、ブログを書いたり、Amazon Primeで映画を見たりしています。

そして早めに就寝して朝の時間はしっかりと副業に充てる。

このメリハリのある生活を一年以上続けています。

まとめ

朝の読書
今回は「副業するなら早朝にするべき理由」について解説しました。

朝型の人も夜型の人もいると思いますが僕としては朝型の生活で早朝に服用するのがとても効率が良いのではないかと思います。

 

 

実際1日の時間を有効活用すると言う点においても朝の時間にまとめて作業してしまうと言う事はとても効率的なのではないでしょうか。

 

実際に社会人として働いていて副業をしていて、夜に作業するのがしんどいと感じている人は早朝に作業するようにしてみると効率が上がるかもしれませんよ。

 

僕が診察の頃は夜に副業をしていましたがなかなか効率が上がらなくて悩んでいました。

思い切って朝型の生活に変えてみるととても1日の満足度が上がりましたし、大変だと思いますが挑戦してみることをオススメします。

 

早朝に副業するメリット

・早朝は余計な用事が入らない

・寝起きは頭がクリアになっている

・朝が1番意思決定力が強い

・習慣化しやすい

・時間を有効活用できる

・夜はリラックスする時間にしよう

 

早朝副業で効率を上げましょう!

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-働き方
-,