頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

AffinityPhoto

Affinity Photoで写真を合成してコラージュを作成する手順

写真コラージュ作成アイキャッチ

Sponsored

 

iPadの写真加工アプリである「Affinity Photo」では画像の色調補正などだけではなく細かな選択範囲の作成も可能です。

 

複数写真を加工して組み合わせて作る作品の中に「コラージュ」というものがあります。

 

 

Affinity Photoを使えばiPadだけでカンタンなコラージュ作品を作成することが可能です。

今回は選択範囲や色調補正レイヤーマスクなど複数の機能を使用してコラージュを作成する手順について紹介します。

 

画像加工に興味のある方は是非参考にしつつ、実際に作品を作ってみてください。

 

Affinity Photoで写真を合成してコラージュを作成する手順

 

Affinity Photoで複数の写真を合成する際に使うのは以下の機能です。

  • 選択ペルソナ
  • 移動ツール
  • レイヤーマスク
  • 塗りつぶしツール
  • 調整スタジオ
  • ストックスタジオ

 

基本的な流れとして、画像を用意▶画像の切り抜き▶画像の調整▶色調補正といった感じで作業を進めていきます。

 

細かい機能についての紹介はそれぞれの解説記事を読んで貰えればと思いますが、

初心者の方にも分かりやすいようにできるだけ細かく丁寧に解説していきます。

 

素材となる画像を集める

 

まずはコラージュに使用するための複数の画像を集めます。

 

使用したい画像をあらかじめ準備しておくのも良いですが、Affinity Photoには「ストックスタジオ」というフリー素材のストックをダウンロードできる便利なツールがあるのでこれを使って画像を集めていきます。

 

ストックスタジオで画像をダウンロード

ストックスタジオからドラッグ

画面右側下にある「ストックスタジオ」をタップして、イメージに近い写真を探します。

 

英語で探したいイメージの名前を入力すると写真素材一覧が表示されます。

その中から好きなものを選び、アイコンを長押してからキャンバスにドラッグしてダウンロードします。

拡大して配置

複数の画像をダウンロードしたら拡大縮小して配置しておきます。

 

 

 

今回は以下の写真をピックアップしました。

空の写真を配置

 

 

星空の写真を配置

画像を切り抜きする

必要な画像が集まったら次は加工する為に切り抜き作業をしてきます。

 

切り抜きをする際は「選択ペルソナ」「レイヤーマスク」などを使用します。

 

人を切り抜き

スマート選択ブラシで選択

主役となる男性がジャンプしている写真を切り抜いて行きます。

 

選択ペルソナに切り替え「スマート選択ブラシツール」でなぞって選択します。

 

選択範囲を除外で調整

選択し過ぎてしまった部分を解除したい場合はモードを「除外」に設定してなぞります。

 

選択ペルソナの使い方については全体的に解説した記事があるのでよければごらんください。

 

▼「選択ペルソナ」解説記事 

選択ペルソナ徹底解説アイキャッチ
Affinity Photoで選択範囲を作成する 【選択ペルソナ徹底解説】

複数の画像を使用して加工したいことってありますよね。   そんな時に必要になってくるのが画像の「切り貼り」です。     切り貼りをする際にはそれぞれの画像に「選択範囲」 ...

続きを見る

 

 

マスク付き新規レイヤーで作成

ジャンプしている男性に選択範囲を作成したら出力の欄から「マスク付き新規レイヤー」を選択して適用します。

 

これで男性の部分だけがマスクで切り抜かれ、新規レイヤーとして作成されます。

マスクで切り抜き完了

マスクの調整

切り抜いた画像を縮小

切り抜かれていないマスク部分が表示されてしまっている

 

男性が街に飛び込んでいるかのような感じにしたいと思ったので、新しく街の画像をダウンロードして挿入しました。

 

背景の街の写真に合わせて先ほど切り抜いた男性の写真を 縮小したところ、マスクで消されていなかった元の写真の部分が見えてしまいました。

 

こういった場合は切り抜き時に作成したレイヤーマスクを塗りつぶして余分なところを非表示にします。

切り抜けていない部分を選択

矩形マーキーツール」で周囲の写真部分を選択します。

 

マスクを塗りつぶす

 

写真ペルソナに切り替え「塗りつぶしツール」を選択します。

 

マスクの塗りつぶし完了

邪魔な部分が塗りつぶされ非表示に

写真のレイヤーマスクを選択して塗りつぶしを実行すると、邪魔写真部分が非表示になります。

 

背景を切り抜き

街部分を選択

次は背景の街の写真を切り抜いていきます。

 

と言っても細かい部分を切り抜くよりも遠景の空の部分だけ切り抜き、別の写真にすり替えたいので、

街の部分だけを選択してマスクで切り抜いていきたいと思います。

 

ここでもスマート選択ブラシツールで街の部分を選択していきます。

 

選択範囲調整ツールで境界をぼかす

選択範囲調整ツールに切り替え

選択した街と空の境界部分の選択を調整していきます。

「選択範囲調整ツール」を選ぶと選択していない部分がオーバーレイ表示されます。

 

空との境界をぼかす

調整部分を「ぼかし」に 設定して町と空の境界線をなぞります。

 

そうするとくっきりしていた境界線がボケるので自然と切り抜き部分が馴染むようになります。

マスク付き新規レイヤーで街を切り抜き

今回もマスク付き新規レイヤーで作成しました。

 

街と空の境界線が曖昧になり合成しやすくなっています。

 

雲を切り抜き

星空を背景に配置

切り抜いた空の部分に星空の画像を配置します。

 

雲部分を選択

星空の上に雲の写真を配置して合成していきます。

 

雲部分を選択するのには「塗りつぶし選択ツール」を使いました。

マスク付き新規レイヤーで雲を切り抜き

この雲部分も「マスク付き新規レイヤー」で切り抜きます。

 

画像の調整をする

 

それぞれの切り抜いた画像を調整してなるべく違和感がなくなる様に調整していきます。

切り抜いただけでは不自然な写真素材を、全体の雰囲気に合うように色調補正したり、マスクで調整したりしてくことで作品として完成させていきます。

 

写真の合成モードを変更

合成モードを明度に設定

切り抜いた雲のレイヤーの合成モードを「明度」に設定しました。

雲の写真をコピーして平均モードに変更

さらに同じ雲のレイヤーをコピー&ペーストして、夕焼けの明るい部分に配置して合成モードを「平均」にしました。

 

雲をマスクで調整

マスクを作成して部分調整

配置した雲の画像のレイヤーマスクを選択して、黒いブラシで塗って調整していきます。

 

レイヤーマスクは白黒で表示非表示をコントロールしているので、非表示にしたい部分を「黒」、

表示したい部分を「白」で塗って調整することが出来ます。

 

 

左の雲をマスクで調整

左側の雲もマスクをブラシで塗って調整しました。

 

写真の色調補正をする

 

写真素材を切り抜いて合成し、マスクなどの調整も大体完了したので、全体的な色味などをの色調補正をして馴染ませていきます。

 

素材自体が用意出来ているので後は調整するだけです。

 

個人的にここが一番楽しいと思っている仕上げの工程ですね。

 

グラデーションマップを作成

背景上にグラデーションマップを作成

遠景の空部分の色調補正をしていきます。

 

今回は「グラデーションマップレイヤー」の調整レイヤーを作成して、夕焼け色に馴染ませていこうと思います。

 

調整スタジオから「グラデーションマップ」を作成するとこの様な調整レイヤーが作成されます。

 

最初は派手なRGBに設定されているので変なイメージになってしまっていますが、これも設定で上手く馴染むように変更します。

グラデーションカラーを調整

「グラデーション」部分をタップし、グラデーションの色をこんな感じの夕焼けっぽいオレンジとイエローに変更しました。

 

グラデーションマップをスクリーン合成

グラデーションマップの調整レイヤーの合成モードを「スクリーン」に変更します。

 

遠景の空がうっすら見えるような状態になりました。

グラデーションマップをマスクで調整

グラデーションマップレイヤーのマスクを選択し、ふんわりしたブラシで空の上部を塗って調整しました。

 

右側に夕焼けがあるので空の左側部分と上部をメインにマスクを塗りつぶしました。

 

合成した街と空の境界部分が曖昧になり、夕焼けの色味がグラデーションマップで追加されることによって全体的に馴染みました。

 

人物の色調補正

人を表示してグラデーションマップを適用

先程切り抜いたジャンプしている男性の写真を表示して、グラデーションマップの調整レイヤーを作成します。

 

今回は空のイメージに合わせてパープルオレンジのグラデーションに設定して、男性のレイヤーにクリッピングマスクしました。

 

合成モードを乗算などに設定し、不透明度などを下げグラデーションマップの色味を調整しました。

▼Affinity Photoのクリッピングマスクの作成の仕方はコチラの記事をごらんください

AffinityPhotoクリッピングマスクアイキャッチ
レイヤーをクリッピングマスクするには【Affinity Photo】

  画像加工する場合に新規レイヤーをひとつのレイヤーに重ねて、はみ出さないように効果をかけたい場合がありますよね。   そういった時に便利なのが「クリッピングマスク」という機能です。   今回はAff ...

続きを見る

全体の色調補正をして完成

カープを作成

最後に全体的に色味の調整を行います。

 

今回は素材ごとに色味を調整していたので、色調補正レイヤーは「カーブ」のみ作成して、スプラインを画像の様に調整しました。

 

コラージュ完成

全体的にクッキリとしたイメージになったら完成です。

 

まとめ

 

今回はAffinity Photoで複数の画像を使用してコラージュ作品を作成する手順を紹介しました。

 

基本的には素材を切り抜いて合成し、色調補正をかけて全体的にイメージをまとめるといった感じでしょうか。

 

この様な写真の合成でもiPadのみで比較的短時間で出来るので、Affinity Photoは非常に便利なアプリだと思います。

 

Photoshopなどに比べて利便性や細かい部分の調整機能は劣りますが、コラージュ作品をつくる程度であれば十分な機能を持っていると言えます。

 

コラージュを作るのはとても楽しいので、写真の合成に興味がある方はこの記事を参考にしつつ是非チャレンジしてみてください。

 

コラージュの作成手順でした!

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-AffinityPhoto
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−