頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

AffinityPhoto

Affinity Photoでシェイプからリアルな歯車を作成する手順

AffinityPhoto歯車アイキャッチ

Sponsored

 

Affinity Photoに用意されているシェイプを使うと様々な図形を簡単かつ大量に作ることができます。

 

図形として使うだけでも良いですが、フィルター機能やテクスチャ画像と組み合わせる事で、さらにバリエーション豊かな画像作成も可能です。

 

 

今回は歯車のシェイプテクスチャ画像、フィルターでのエフェクトなどを兼用してリアルな画像を作っていく出順について紹介したいと思います。

 

シンプルな画像からリアルな画像に簡単に加工可能なので是非試してみてください。

 

 

▼シェイプツールの基本的な解説はコチラをごらんください。

AffinityPhotoシェイプツールアイキャッチ
シェイプツールの基本的な使用方法を全種類解説【Affinity Photo】

  Affinity Photoにあるシェイプツールを使用すると様々な図形をカンタンに作成することが出来ます。   写真加工だけではなく、図形(シェイプ)を利用しての作品制作をして ...

続きを見る

 

Affinity Photoでシェイプからリアルな歯車を作成する手順

今回は個人的に1番好きなシェイプである「歯車」を使ってリアルな歯車画像を作成していきたいと思います。

 

まずはシェイプから「歯車」を作成しましょう。

 

歯車の形状を設定

歯車の細かい設定をしていきます。

 

今回はこんな感じにしてみましたが、好みの形に設定してみてください。

 

 

 

レイヤーをラスタライズ

歯車の形が決まったらレイヤーをラスタライズしていきます。

 

ラスタライズしないとうまくフィルターをかけることができないので、形が決まったら一旦ラスタライズしてピクセルレイヤーにしてしまいます。

 

元に戻したい時や、もう1度やり直したい時のために元の歯車シェイプをコピーしてラスタライズします。

 

 

フィルターをかける

 

歯車にフィルターをかけて立体的に加工していきます。

平面を立体的に見せる方法については色々あるのですが、今回はフィルターを使用していきたいと思います。

 

 

3Dフィルターを設定

細かいフィルターの設定をしていきます。

まずは3DフィルターをONにして立体的に見せようと思います。

 

 

3Dフィルターを使うと平面のオブジェクトも立体的に見せることができます。

 

今回は上の画像のように設定をして、歯車を立体的に見えるようにしました。

 

 

ベベル/エンボスフィルターをかける

 

さらにベベル/エンボスフィルターをかけることでより立体感をプラスしていきます。

 

3Dフィルターのみでも良いですが、Photoshopになれている人はお馴染みのフィルター(スタイル)なので感覚が使いやすいかも知れません。

 

 

 

 

ベベル/エンボスはこのように設定しました。

 

 

ハイライトのカラーも設定

画面下調整ボタンの右にある▶をタップするとさらに細かい調整ができます。

 

今回はハイライトの色味を上のように設定しました。

 

影の色味などを変えたい場合はシャドウ部分を調整します。

 

 

 

テクスチャ画像を読み込む

 

立体感が出来たら次は質感を追加していきます。

 

今回はこのような錆びた感じのテクスチャ画像をダウンロードしてAffinity Photoに読み込みました。

 

 

 

 

 

歯車のレイヤーにクリッピングマスクして、色味を調整します。

 

今回は「自然な彩度」の調整レイヤーを同じく歯車シェイプにクリッピングマスクしました。

 

▼クリッピングマスクの方法についてはコチラ

AffinityPhotoクリッピングマスクアイキャッチ
レイヤーをクリッピングマスクするには【Affinity Photo】

  画像加工する場合に新規レイヤーをひとつのレイヤーに重ねて、はみ出さないように効果をかけたい場合がありますよね。   そういった時に便利なのが「クリッピングマスク」という機能です。   今回はAff ...

続きを見る

 

色味を調整して歯車自体は完成とします。

 

 

全体の仕上げ

歯車の加工が完了したので、全体的なイメージにしてみます。

 

歯車に適用したのと同じようなテクスチャ画像を背景にして、歯車を増やしてみました。

 

歯車が設置されている感じを表現するために増やした歯車をグループにまとめて影をつけていきます。

 

今回はフィルター「外側のシャドウ」を適用しました。

Photoshopでいうところのドロップシャドウと同じようなフィルターですね。

 

 

影がつくことで立体物が設置されている感が出てよりリアルに見えます。

イメージの見た目になったら完成です。

 

 

まとめ

 

今回はAffinity Photoの歯車シェイプとテクスチャ画像、フィルターなどを組み合わせてリアルな歯車の画像を作る手順を紹介しました。

 

歯車だけでなく他のシェイプと組み合わせたり、テクスチャを変えてみたりするとことでさらにバリエーション豊かに画像加工が出来るので是非試してみてください。

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-AffinityPhoto
-, , ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−