頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

AffinityPhoto

Affinity Photoで髪の毛をキレイに切り抜く方法

AffinityPhoto髪の毛切り抜きアイキャッチ

Sponsored

写真などの画像編集をしていてよく行うのが「画像の切り抜き」です。

 

シンプルなものならAffinity Photoでも簡単に切り抜く事が出来るのですが、複雑な画像になってくると少々切り抜きが難しくなってきます。

 

切り抜きが特に難しいものの代表格が「髪の毛」です。

 

今回は少し難しい髪の毛を切り抜く方法について解説したいと思います。

 

Affinity Photoで髪の毛をキレイに切り抜く方法

 

髪の毛の長い女性などの写真から背景だけ切り取って使いたい場合や、毛皮などがフサフサしている動物などを切り抜きたい時ってありますよね。

でも細かい毛とかを1本1本切り抜いていくのは非常にめんどくさいですし、手間も時間もかかります。

 

 

そんな時でもAffinity Photoの機能を使えばある程度は綺麗に切り抜く事ができます。

 

 

今回はこの写真の前景にいる女性だけ切り抜いて背景を入れ替えたいといった場合に、どのようにして切り抜きをしていくか解説していきます。

女性の写真素材

 

ある程度Affinity Photoに慣れてきた人でさらに細かい切り抜きが出来るようになりたい方は参考にしてみてください。

 

スマート選択ブラシツールでアウトラインを選択

スマート選択ツールを選択

まずはざっくりと大まかに女性だけを選択していきます。

 

選択ペルソナに切り替えて「スマート選択ブラシツール」を選択しましょう。

 

全体的になぞる

ブラシの大きさを任意に変更して、女性の部分のみ大まかに塗って選択範囲を作っていきます。

 

細かい髪の毛の部分も一緒に選択しておきます。

 

この時細すぎる部分や、必要なさそうな髪の毛の部分はあえて選択しないという手もアリです。

 

大体選択出来たら適用をタップします。

 

選択範囲調整ツールで細かい部分を調整

選択範囲調整ツール

全体的に女性のアウトラインを選択したら、細かい髪の毛の部分のみ調整していきます。

 

「選択範囲調整ツール」を選択します。

 

するとこのように選択していない部分のみ赤いオーバーレイで表示されます。

 

つまり赤くなっていない部分が選択された範囲ということですね。

 

 

表示方法の切替

選択範囲の表示方法は切替が可能なので、用途に合わせて好きな表示設定に適宜切り替えましょう。

プレビューモードの切替という部分をタップorドラッグするとそれぞれ別の切り替え表示になるので、好みに変更します。

 

オーバーレイ表示

オーバーレイ表示

 

デフォルトの表示モードです。

 

オーバーレイで赤く表示されているので、背景などに何があるのか確認しやすいのがメリットです。

 

黒マット表示

黒マット表示

 

選択していない部分を黒く表示してくれるモードです。

 

選択範囲をしっかりと作成して切り抜きたい場合にはこのモードにするのがオススメです。

 

白マット表示

白マット表示

 

選択していない部分が白く表示されるモードです。

 

暗めの写真を切り抜きたい場合などはこのモードにするとコントラストが分かりやすくて良いと思います。

反面、明るい写真の場合は選択した範囲が分かりにくくなってしまうのであまりオススメしません。

 

透明

透明表示

 

選択していない部分を透過して表示してくれます。

Photoshopなどで透過画像をよく扱う人はこれでも良いと思います。

 

白黒

白黒表示

 

選択範囲を白、選択していない範囲は黒で表示されるモードです。

 

選択がしっかりされているかを確認したい時はオススメ。

 

 

 

髪の毛の細かい部分を調整

輪郭をなぞる

 

 

選択範囲調整ツールで髪の毛の細かい部分を調整していきます。

 

髪の毛と背景を分けたい部分をブラシの大きさを調整しつつなぞっていきます。

 

最初に大きめのブラシでなぞり、大雑把に選択出来たらさらにブラシを細かく設定して選択範囲を調整していきます。

 

選択範囲が調整される

少しずつ髪の毛の選択範囲が調整される

 

注意ポイント

選択する範囲が広いほど処理に時間がかかり、いきなりAffinity Photoが落ちやすくなってしまいます。

選択範囲を少し調整したらすぐに「適用」を押して少しずつ選択範囲を決めていくことがポイントです。

少しずつ何度も切り抜きたい髪の毛をなぞって調整したら適用を繰り返すように選択範囲を調整していきます。

 

 

髪の毛をなぞって調整

全体的に調整したらブラシのサイズを小さくしてさらに調整していきます。

 

なぞった部分が調整される

 

細かい髪の毛部分以外が非選択に調整されていきます。

小さめのブラシで調整

 

ブラシサイズ50pxでなぞって調整。

 

細かい部分を更に調整

 

髪の毛の細かい部分は更にサイズを小さくして調整。

 

 

全体的に調整完了

この段階で一旦全体的な調整を適用します。

 

選択範囲を調整を適用

 

こんな感じで選択範囲が作成されました。

このままでもいいんですが、もう少し細かい部分を綺麗に選択しなおしたいと思います。

 

前景部分を調整

前景に設定

選択範囲調整ツールにして調整部分のモードを「前景」に設定します。

 

細かい髪の毛が非選択(赤いオーバーレイ)になってしまっているので、もう一度選択部分にしたい場合には前景にすると再設定できます。

必ず全面に選択しておきたい部分がある場合には前景モードを使いましょう。

 

前景にしたい部分をなぞる

前景モードで全面に出したい(つまり選択範囲にしたい)部分をなぞっていきます。

外側のおくれ毛部分を細めのブラシにしてなぞります。

 

 

背景部分を調整

背景に設定

切り抜きたい部分(選択しなくない部分)は調整モードを「背景」にすることで非選択にすることが出来ます。

 

背景にしたい部分をなぞる

 

背景にしたい部分をなぞっていきます。

この場合は髪の毛の隙間の空が写っている部分ですね。

 

濃い目に塗られ非選択になりますが、この後調整するので少し髪部分を選択してしまっても問題ナシです。

 

マスクで切り抜き

マスク付きレイヤーで出力

調整モードをマットに変更して細かい部分の選択範囲を調整したら、出力を「マスク付き新規レイヤー」に設定します。

 

マスクで切り抜き完了

適用を押すとこの様に選択した部分以外にマスクがかかった新規レイヤーが作成されます。

 

マスクを調整


マスクを選択して細かい部分を調整

最後にマスクを使用して細かい部分を調整していきます。

マスクレイヤーを選択して白目のブラシで表示した髪の毛部分を塗っていきます。

ここではレイヤーを青く塗りつぶしてわかりやすくしています。

 

調整時は柔らかめのブラシでサッとなぞる程度で良いと思います。

 

白いブラシで調整

 

非表示したい部分はグレーか黒で、表示したい部分は白でなぞって調整していきます。

 

ある程度綺麗に表示を調整出来たら切り抜き完了です。

 

背景を差し替える

背景を差し替えて完成

切り抜きが完了したら背景を適当な青空に差し替えます。

 

そこまでの違和感もなく上手く切り抜かれた髪の毛が馴染んでいると思います。

浮いてしまう様であれば色調補正レイヤーを追加して、カラーバランスなどので馴染ませるのがオススメです。

 

まとめ

 

今回はAffinity Photoを使って「髪の毛の切り抜き」の方法を紹介しました。

ある程度細かい選択範囲もAffinity Photoの選択範囲調整ツールなら選択することが可能なので、

人物や動物など細かい毛の多い画像を切り抜きたいときはぜひ使ってみてください。

 

髪の毛の切り抜きの方法でした!

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-AffinityPhoto
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−