頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

AffinityPhoto

Affinity Photoでブログのアイキャッチを作る方法

AffinityPhotoアイキャッチ作成アイキャッチ

Sponsored

 

iPadでリリースされている画像編集アプリ「Affinity Photo」では画像の加工編集から文字入力も出来るようになっています。

 

最近ではiPadでブログを更新している人も増えていると思うのですが、ブログで必ず必要になるのが「アイキャッチ画像」ですよね。

 

適当な画像を貼るだけでも良いですが、どうせなら文字も使用してパッと見でどのような記事内容なのか分かりやすいアイキャッチ画像を使用したいところです。

自宅ではなく外出先でiPadを使ってブログを更新したい場合は、iPadでアイキャッチ画像も一緒に作ってしまいましょう。

 

Affinity Photoでブログのアイキャッチ作る方法

この記事ではAffinityPhotoを使ってアイキャッチを作る方法を紹介したいと思います。

 

基本的にブログのアイキャッチに必要なものとして「画像」「文字」があると思うんですが、

AffinityPhotoであればどちらも簡単に加工出来ます。

 

iPadだけでアイキャッチ画像を作ってみたい方は是非真似して作ってみてください。

 

ちなみに今回アイキャッチ画像を使ったのはコチラの記事です。

よければ合わせてごらんください。

「Affinity Photoでレイヤーを統合する方法」

AffinityPhotoレイヤーを統合する方法
Affinity Photoでレイヤーを統合する方法

Affinity Photoで作業しているとレイヤーが増えてくることってありますよね。   大量に作ったレイヤーはある程度はグループ分けしたりすることで整理すれは良いわけですが、最終的に1枚 ...

続きを見る

 

データを作成

まずはアイキャッチ画像のデータを作成します。

今回はこんな感じで適当にデータを作りますが、ドキュメントの比率などはそれぞれ好みに設定してみてください。

 

 

画像を読み込む

 

使いたい画像を読み込みます。

AffinityPhotoについての別の記事に使うアイキャッチを作りたいので、作業工程のスクリーンショット画像を読み込みました。

 

 

Affinity Photoの中でAffinity Photoをいじっている画像です‪w

なんだかフラクタルAffinityPhotoみたいな感じになってますが、このまま進めます。

 

 

文字入力

画像を読み込んだら次は文字入力です。

 

ブログのアイキャッチというと画像のみのパターンと文字が入っているパターンの2つがあると思いますが、

僕は文字が入っている方が内容が分かりやすいと思うので、いつも記事内容を要約した文字をいれています。

 

文字入力は画面左側の「アートテキストツール」で入力していきます。

 

 

 

ツールを選んだらどこでも良いので画面をタップします。

キーボードが表示されるので、文字を入力します。

 

まずはいつも使っている▶︎を入力。

 

次にAffinity Photoと入力。

キーボード上でフォントの種類やテキストの太さや大きさを変更します。

あとでスケールで変更しても良いので、ここはあまり拘らず適当にいきます。

 

 

 

 

文字にエフェクトをかける

入力した文字にエフェクトをかけていきます。

 

画面右側にあるエフェクトスタジオ(fxって書いてあるところ)をタップして、「グラデーションオーバーレイ」ONにします。

これで文字にグラデーションがかかるようになります。

 

グラデーションの調整

グラデーションを調整していきます。

右下のグラデーションが表示されている窓をタップして、細かいグラデーションの設定をしていきます。

 

グラデーションスライダーの左側の丸をタップし、紫のカラーを設定しました。

 

 

 

 

 

右側の丸部分をタップし、カラーをピンクに設定。

 

これで紫とピンクのAffinity Photoっぽいイメージのグラデーションになります。

 

グラデーションの反転

グラデーション設定画面の右側にある矢印をタップするとグラデーションを反転させることができます。

 

グラデーションの角度を調整

グラデーションのパネル右側にある▶マークをタップし、細かい調整をしていきます。

角度部分に数値を入力(今回は255)して、グラデーションの角度を横から縦に変更しました。

 

数値部分をドラッグすることで直感的に調整することも可能なので、ドラッグが数値入力どちらか好きな方で設定しましょう。

 

グラデーションを追加

少しグラデーションを滑らかにしたいと思ったので、グラデーションスライダーに戻り、「+」マークを押して追加します。

 

 

追加されたグラデーションのポイントをドラッグして、より滑らかにしました。

 

 

文字のアウトラインを追加

文字を目立たせるためのアウトラインを追加します。

 

エフェクトスタジオのアウトラインをおんかにして、太さの数値をドラッグで調整します。

白い輪郭線が文字の周囲に現れたと思います。

 

大体アイキャッチの文字はこんな感じでよいと思ったので、他の文字列にもこのエフェクトを適用していきます。

 

エフェクトをコピー&ペースト

先程作ったエフェクトを他の文字列にも適用していきます。

 

エフェクトをかけた▶のレイヤーを選択した状態で画面をホールド(長押し)して、コピーをタップします。

 

 

 

 

 

次にコピー&ペーストしたい文字列のレイヤーを選択し、画面左上のメニューから「エフェクトをペースト」をタップします。

スタイルをペーストでも同じ様にペーストできます。

 

 

 

 

エフェクトがペーストされ、「AffinityPhoto」の文字が▶と同じような雰囲気になりました。

 

 

 

 

 

エフェクトの角度が気になったので、再度調整します。

 

文字は縦にピンクのグラデーションがかかりました。

 

 

次は記事タイトルの「レイヤーを統合する方法」と文字列を入力します。

 

 

 

今までと同じ手順でグラデーションエフェクトをかけていきますが、タイトルなので青色水色のグラデーションに設定しました。

作成したドキュメントのイメージが暖色だったので、文字は寒色で爽やかな雰囲気に。

 

 

 

白いアウトラインエフェクトをかけ、文字の大きさを調整して、ブログのアイキャッチの完成です。

 

 

まとめ

今回はiPadの画像編集アプリ「Affinity Photo」でブログのアイキャッチ画像を作成する方法について解説しました。

 

Affinity Photoは安価な割に優秀なソフトなので、さらに細かいエフェクトをかけたり文字を装飾したりといったことも手軽にできます。

 

 

なにより外出先でiPadを使ってブログを更新したりする人にとってはアイキャッチも同じデバイスで作成出来るというのは非常に便利です。

 

今までなら自宅のPCじゃないと出来なかったようなことも段々iPadだけで完結するようになってきているのは個人的にとてもありがたいので、

今後もiPadでの画像作成をメインに進めていこうかなと思っているくらいです。

 

Affinity Photoでアイキャッチをつくる方法でした!

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-AffinityPhoto
-,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−