頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

ガジェット

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

RazerTartarusV2アイキャッチ

Sponsored

 

ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。

 

以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も

シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。

 

 

そこで今回は思い切ってゲーミング用左手用デバイスを購入してみたので開封レビューしたいと思います。

 

TABMATE6ヶ月使ってみたアイキャッチ
CLIP STUDIO TABMATE(クリップスタジオタブメイト)を6ヶ月使ってみた感想

  以前の記事でCLIP STUDIO TABMATEを購入してみた感想について紹介しましたが、TABMATEを使い始めてから気づけば半年が経ちました。 今回はTABMATEを6カ月間実際に ...

続きを見る

 

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

僕は以前から左手用デバイスをいくつか使ってきたのですが、学生の頃に使っていたデバイスであるBelkinの「n52te」が壊れてから久しく手を出していませんでした。

 

n52te」は今から13年前程に発売されていたホイール付き左手用デバイスのさきがけともいえる存在のデバイスでして、知る人ぞ知るオーパーツ並みの珍しいデバイスでした。

しかしBelkinからRazerに販売会社が変わったり、ドライバーがアップデートしなくなってからまったく使い物にならなくなってしまい、最後にはキーの入力がおかしくなったので捨ててしまいました。

 

今回はTABMATEでは物足りなくなったことと、懐かしい左手用デバイスを新たに使いたくなったこともあり、

その正統後継者とも言える「Razer Tartarus V2」を購入してみようと思ったわけであります。

 

▼以前使っていた左手用デバイス「Belkin n52te」

 

 

▼今回購入した「Razer Tartarus V2」

 

Belkinの「n52te」はRazer Tartarusの原型と言えるホイール付き左手用デバイスになっています。

10年ほど前に発売されていた左手用デバイスにはホイールのついているものが他になく、当時は珍しかったんですよね。

 

と、昔話はここまでにして今回はなぜ「Razer Tartarus V2」にしたのかを軽く紹介します。

 

 

Razer Tartarus Proにしなかった理由

Razerのゲーミング用左手デバイスで現在発売されている代表的なものに「Razer Tartarus V2」と「Razer Tartarus Pro」があります。

「Razer Tartarus Pro」はAmazon価格で¥15800するのに対して「Razer Tartarus V2」は¥10749と¥5000以上の価格の違いがあり、機能にも以下のような違いがあります。

 

↓以下比較表

Tartarus V2 Tartarus Pro
価格 ¥10749 ¥15800
キー数 32キー 32キー
キー構造 メカメンブレン アナログオプティカル
キーストローク 不明 3.6mm
アクチュエーションポイント 不明 1.5mm~3.6mm
スクロールホイール 有り 有り
バックライト Razer Chroma1680万色 Razer Chroma1680万色
マクロ 文字数制限なしのマクロ機能搭載 文字数、行数制限のないマクロ機能
ボーリングレート 1,000Hz 1,000Hz
キーマップ 最大8種類  最大8種類
重量 350g 348g

 

Razer Tartarus Proには独自のキー入力システムである「Razer アナログオプティカルスイッチ」を搭載しているという特徴があります。

 

簡単に説明するとキーの押す強さによってショートカットを分けられるという機能のようです。

つまり今までは1キーにつき二段階のキー入力が可能になるということ。

しかし個人的にはこれがあまり魅力的に感じませんでした。

 

 

二段階のキー入力は確かに画期的な機能だとは思うんですが、個人的にキーを強く押してしまう傾向があるので誤作動につながる可能性が高いなと予想がついたんですよね。

Amazonのレビューにも誤作動するといった書き込みがありましたし、誤作動が頻発すると逆に作業効率が下がる気がしました。

 

また「Razer Tartarus Pro」が対応しているドライバー(というか常駐ソフト)である「Razer Synapse 3」がMacに対応していないという致命的な欠点がありました。

 

僕のメインマシンとしてMacを使っており、サブマシンとしてWindowsを使っています。

自宅での作業はMacで、会社での作業はWindowsといった使い分けもしていますのでWindowsでしか使えないということは大きなデメリットになります。

 

またProにはカラバリで白バージョンが追加されていますが、Razerの場合は黒の方が高級感があってかっこ良いなと思ったので特に魅力を感じませんでした。

あと単純にProは値段が高いなと感じます。

 

Proがデメリットに感じた点

  • 高い
  • Macに対応していない
  • アナログオプティカルスイッチに魅力をあまり感じなかった(絶対誤作動するので)
  • Razerの白カラーはあまり好みじゃない

 

というわけで、アナログオプティカルスイッチが特別使いたかったわけでもなくカラバリに魅力を感じたわけでもない僕は「Razer Tartarus V2」を購入することにしました。

 

 

開封

外箱2

それでは早速開封レビューをしていきたいと思います。

 

注文してから2日程度での到着でした。今回はAmazonで注文しました。

外箱はこんな感じのグリーンのかっこ良いデザインになっています。

 

思ったよりも軽い印象で、ザ・ゲーミングって感じのイメージですね。

 

 

外箱4

裏側はこんな感じ。

多言語でスペックについて説明が載っています。

 

 

 

開封した状態

箱を開封するとこのようになっています。

Razer Tartarus V2がすっぽり収まっています。

 

内容物

 

内容物

箱から中身を出してみた状態です。

内容物

  • Razer Tartarus V2
  • 取扱説明書(多言語対応)
  • ステッカー

 

ステッカー

 

おまけとしてRazerのステッカーが付属していました。

Apple製品を買った時についてくるリンゴステッカーみたいな感じですね。

 

外観

RazerTartarusV2

本体の外観はこんな感じです。

マットな質感のボディーがかっこ良く、パームレストで手首の負担を軽減できるようです。

 

 

RazerTartarusV2_02

右側からみた状態。

20番キーは親指でキー入力ができるようになっており、その上に十字キー、Altボタンがついています。

人差し指を配置した場所にスクロールボタンが配置されているので、マウスのようにスクロールをすることができます。

 

パームレストは取り外し調整可能

 

パームレストを取り外し可能

パームレストはこのように取り外しが可能になっていて、手の大きさに合わせて二段階に調整できます。

 

手が大きめの方は本体から離れた位置に差し込むことで、キーに指がピッタリ配置できるようになります。

通常の状態でも割と大きめのデバイスになっているので、僕はそのままの位置で使用することにしました。

 

 

ドライバーをダウンロード

RazerSynapse

Razer Tartarus V2を使用するには「Razer Synapse」というドライバー兼常駐ソフトをインストールする必要があります。

Razerのホームページからダウンロードできます。

 

▼Razer Synapse ダウンロードページ

 

またRazer Synapseはクラウドベースで使用できるドライバーらしく、Razerアカウントでのログインとネットワークへ接続した状態でないと使えない等です。

 

ネットが繋がっていない状態でRazerTartarusV2を接続すると使えなかったので、オフラインでの使用ができない点はデメリットと感じました。

このSynapseが中々に厄介でネット上では非常に評判が悪いみたいですね。

初期設定も中々スムーズにいかず、何度か接続をし直してようやくデバイスを認識してくれました。

 

昔のデバイスは機器内にショートカットキーのデータを記録してくれるものが多かったんですが、最近のデバイスはネット接続が必須の物が増えてきている印象です。

 

Razer Synapseを設定

Synapse画面

ようやくSynapseをインストールしたらこんな感じのウィンドウが開きます。

ここでショートカットキー設定をしていきます。

 

 

アプリを設定SELECT PROFILE」の+マークからMAYA用のプロファイルを作成しました。

使用するアプリを設定してLINK APPLICATIONにチェックを入れると、設定したアプリ(ここではMAYA)で操作ができるようになります。

 

 

Joystickの設定

JOYSTICKをクリックしてスティクのショートカットキーを設定します。

 

初期設定では上下左右キーが割り当てられていましたが、MAYAでよく使う「W、E、R、Q」をショートカットキーに設定しました。

これでキーボードに手を伸ばさなくてもオブジェクトの移動と回転、スケール調整に即座に切り替えることが可能になります。

 

 

 

Others設定

OTHERSをクリックするとスクロールボタンや親指部分のキーを設定できます。

 

SubstancePainter用のプロファイル設定

ちなみにSubstance Painterで設定してみた状態。

プロファイルを作成してパスからアプリケーションを登録すれば使えるようになりました。

 

MAYAからSubstance Painterに切り替えた時に自動的にプロファイルが変更されるので、キーマップを変更する必要がなく楽でした。

 

ライティングの設定

Lightingの設定

LIGHTNINGからRazer TartarusV2のボタン周辺の光るライトのカラー設定ができます。

 

プロファイルごとに違ったライトに設定できるので、違う種類のアプリケーションに切り替えた場合に違う色に光らせるといったことが可能です。

ここではMAYAのイメージに近い緑と黄緑を設定しました。

エフェクトも選べるようになっており、光り方のバリエーションを変更することもできます。

 

 

GreenLight

 

ライトを設定するとこの様に設定したカラーで光るようになります。

MAYAで操作してるときはグリーン、Substance Painterで操作しているときはレッドに光るように設定しました。

 

 

 

まとめ

 

今回は作業効率化のため「Razer Tartarus V2」を購入してみたので開封レビューをしてみました。

とりあえずイラスト制作とCG制作でしばらく使ってみようかと思います。

 

以前購入した「3DConnexion Space Mouse Wireless」や「CLIP STUDIO TABMATE」と比べて、どのくらい使いやすいかについても今後レビュー予定です。

 

▼今回購入した「Razer Tartarus V2」

 

▼上位互換「Razer Tartarus Pro」

 

▼色違いバージョンの「Razer Tartarus Pro Mercury White」

 

TABMATEアイキャッチ
【左手デバイス】CLIP STUDIO TABMATEを導入してみた感想

CELSYSから発売されているCLIP STUDIO PAINT用のイラスト制作補助デバイスである「CLIP STUDIO TABMATE」を購入しました。   「TABMATE」はCLIP ...

続きを見る

 

3DConnexionスペースマウスアイキャッチ
3DConnexionスペースマウスワイヤレスを購入してみた【3Dマウス】

  趣味や仕事で3DCG制作をしている方で作業効率化に興味がある方は多いのではないでしょうか。   特に制作に短くない時間というコストがかかることで有名な3DCG作業をする場合、細 ...

続きを見る

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-ガジェット
-, , ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−