エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

ガジェット

CLIP STUDIO TABMATE(クリップスタジオタブメイト)を6ヶ月使ってみた感想

TABMATE6ヶ月使ってみたアイキャッチ

Sponsored

 

以前の記事でCLIP STUDIO TABMATEを購入してみた感想について紹介しましたが、TABMATEを使い始めてから気づけば半年が経ちました。

今回はTABMATEを6カ月間実際に作業で使った感想について紹介したいと思います。

 

TABMATEは魅力的なデバイスではありますが実際の作業で感じたメリットデメリットなどがやはりありました。

 

こんな方におすすめ

  • TABMATEの購入を検討してる人
  • イラスト制作を効率よく進めたい人
  • 左手用デバイスに興味がある人
  • CG制作にTABMATEが使えるのか知りたい人
  • ガジェット好きの人

 

 

▼CLIP STUDIO TABMATEの公式ページはこちら

 

 

 

▼TABMATEを購入した時の記事はこちら

TABMATEアイキャッチ
【左手デバイス】CLIP STUDIO TABMATEを導入してみた感想

デジタルイラスト制作時に使用するキーボードショートカットですが、逐一キーボードからショートカットを打って作業をしていくのは意外と大変だったりしますよね。特に長時間の作業になるとショートカットを打つ機会 ...

続きを見る

 

 

CLIP STUDIO TABMATE(クリップスタジオタブメイト)を6ヶ月使ってみた感想

手に持った状態

CLIP STUDIO TABMATE(クリップスタジオタブメイト)」はCLIP STUDIO PAINT用に販売されているペイント補助デバイスです。

 

 

ワイヤレスで接続できて片手で様々なコマンドを操作することができるので、特に仕事にスピード感が求められるイラストレーターの方など使っている方が多いデバイスです。

 

CLIP STUDIO TABMATEの特徴として、様々な左手用デバイスなどと違い無線接続であることと両手で使えると言うことが挙げられます。

無線で持ち運びがしやすくかつ両手で使えると言うことで、今まであった左手用デバイスなどとは少し違った立ち位置のデバイスになっています。

 

 

基本的にはCLIP STUDIO PAINT専用のデバイスになりますが、シェアウェアなどを使うことによってPhotoshopなどのソフトでも使用することができます。

PhotoshopとMayaでTABMATEを使えるようにした記事も作成したので、気になる方は合わせて読んでみてください。

 

▼TABMATEをPhotoshopで使う方法

TABMATEをPhotoshopで使うアイキャッチ
TABMATEをPhotoshopで使う方法【Mac版】

CLIP STUDIO TABMATEはワイヤレスでショートカットを実行出来るとても便利な片手用デバイスです。 片手でよく使うショートカットを登録しておくことで、作業の効率化につながりますし、持ち運び ...

続きを見る

 

 

▼TABMATEをMAYAで使う方法

【3D】TABMATEでMAYAを操作する【オススメの設定】

    CLIP STUDIO TABMATEはワイヤレスかつ片手で持って操作ができる非常に便利なイラスト制作補助デバイスです。   CLIP STUDIO PAINT ...

続きを見る

 

 

実際にTABMATEを使ってみてソフトやブラウザは以下。

  • CLIP STUDIO PAINT
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Autodesk MAYA
  • Substance Painter
  • Substance Designer
  • Substance Alchemist
  • Google Chrome
  • Safari

 

よく使うソフトなどにはあらかじめTABMATEを設定しておき、出来る限り使いながら試してみました。

 

▼TABMATEをCLIP STUDIO PAINT以外で使う際に使用したシェアウェア

 

 

 

6ヶ月使って感じたメリット・デメリット

実際に仕事や趣味の制作活動でTABMATEを使ってみました。

その中でも複数のメリットデメリットがあり、実際に使っていて便利だなと思ったことや不便だなと思ったことがありましたので以下に簡単にまとめたいと思います。

 

 

メリット

TABMATEを使っていて個人的に感じたメリットはこちら。

  • ワイヤレスで接続できる
  • 軽い
  • 両手で使える
  • 比較的安い
  • 様々なソフトで使える
  • CLIP STUDIO PAINTとの相性は良い

 

TABMATEの一番良い部分はやはりワイヤレスで接続できて軽いので持ち運びがしやすいと言うのが1番のメリットかなと思います。

またCLIP STUDIO PAINT専用で作られているのでやはり設定等の相性は良いと感じました。

 

 

実際はPhotoshopなどで使うことが多くCLIP STUDIO PAINTではあまり使いませんでしたが、他のソフトのほとんどで問題なく動作しました。

またこういった補助用のデバイスを使ってみたい方にとっては比較的安価な商品なので良いのかなと思います。

 

特に左手用デバイスなどは安くても8000円程度、高い場合は40000〜50000円を超えたりしますので初心者の方には手が出しにくいのが現状だと思います。

そういった中でTABMATEは5000円程度で手に入れることができますし、入力補助用デバイスの入門用としては申し分ないのかなと思います。

 

 

デメリット

6ヶ月使ってデメリットを感じた点は以下。

  • ワイヤレスが認識されにくい
  • 充電式ではない
  • 電池交換の手間がかかる
  • 接続がよく切れる
  • CLIP STUDIO PAINT以外は保証の対象外
  • キーが少ない
  • 入力に微妙なタイムラグがある
  • しばらく使わないと接続が解除される
  • ボタンが指に痛い

 

 

TABMATEはワイヤレス接続ですが、使う際にBluetoothで接続する必要があります。

その接続も認識されないことが多々あるので接続に関して若干のタイムロスがあります。

 

 

またTABMATEは充電式ではないので、電池が切れた場合は交換する手間がかかりますしPCから充電することができません。

ワイヤレスイヤホンなどでも充電式のものが多くなってきた昨今において、電池式で電池の交換が必要なのはシンプルにデメリットだと感じます。

 

 

 

実際の作業においても、使い始めて2ヶ月ほど経った位から作業中に接続が切れることが頻繁に増えました。

使おうと思ったら反応しないことが一日に何度もあり、そういった場合は一度電源を落として再接続をしなければならなくなりました。

そういったことを繰り返していると意外と時間がかかり、デバイスを使うために時間がかかってしまっていたりと本末転倒になってしまうので、自宅での作業中にはTABMATEを使わなくなってしまったんですよね。

 

 

TABMATEのキーの少なさも個人的には不満な点です。

PhotoshopやMAYAなどを使っていると、TABMATEに搭載されている15キー程度では正直全然足りません

ツールの切り替えやブラシサイズの変更程度では十分なキーの数かなとは思ったのですが、DCGツールでの作業には役不足感が否めませんでした。

 

 

接続の良い時でも入力に若干のタイムラグがあったり、そもそもABCDボタンが指に痛かったりと細々とした不満点もありました。

結果として6ヶ月経った今TABMATEは作業のほとんどで使わないオブジェと化してしまったので、別のデバイスの購入を検討しています。

 

とはいえあるのとないのとでは大違いではあるのですが……。

 

 

 

 

まとめ:左手デバイスを使ってみたい人にはオススメ

タブメイト

使わなくなったTABMATE……。

 

今回はCLIP STUDIO TABMATE(クリップスタジオタブメイト)を6カ月間使ってみた感想を書いてみました。

 

 

個人的に感じたメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

TABMATEのメリット

  • ワイヤレスで接続できる
  • 軽い
  • 両手で使える
  • 比較的安い
  • 様々なソフトで使える
  • CLIP STUDIO PAINTとの相性は良い

 

TABMATEのデメリット

  • ワイヤレスが認識されにくい
  • 充電式ではない
  • 電池交換の手間がかかる
  • 接続がよく切れる
  • CLIP STUDIO PAINT以外は保証の対象外
  • キーが少ない
  • 入力に微妙なタイムラグがある
  • しばらく使わないと接続が解除される
  • ボタンが指に痛い

 

僕個人の結果としてはあまり使わなくなってしまいましたが、デジタルお絵かき初心者でスピード感のある作業したいと考えている人の入門用には最適なデバイスだと思いました。

CLIP STUDIO PAINTとは相性が良いものになりますし、安価でワイヤレス接続もできるのでこの価格帯のデバイスとしては優秀です。

 

 

これからTABMATEを購入しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-ガジェット
-, ,