頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

SubstanceAlchemist

【SubstanceAlchemist】Atlas Generatorを使って葉っぱを切り抜く

SubstanceAlchemistAtlasGeneratorアイキャッチ

Sponsored

 

SubstanceAlchemistのVersion 2020.3から追加された機能の一つに「Atlas Generator」というものがあります。

 

このジェネレーターを使うと画像から葉っぱなどをほぼ自動で切り抜くことができます。

便利なのが、ひとつの画像データにいくつかの葉っぱ画像を載せていても個別に読み取ってくれて、それぞれ個々で使うことが出来る部分にあります。

 

今回はSubstanceAlchemistの「Atlas Generator」を使って、一枚の画像から複数の葉っぱを切り抜く手順について紹介します。

 

 

【SubstanceAlchemist】Atlas Generatorを使って葉っぱを切り抜く

 

Leaves

 

今回はこんな感じのフリー素材の葉っぱをいくつかまとめた画像を用意しました。

 

この一枚の画像をSubstance Alchemistのジェネレーターで切り抜いて使用していきます。

 

 

葉っぱ素材をインポート


画像をドラッグ

CREATEで新規マテリアルを作成して、葉っぱの画像をSubstanceAlchemistにドラッグ&ドロップします。

 

 

 

 

 

ImageToMaterial

Image to Materialでマテリアル化します。

 

 

 

画像がインポートされる状態に

 

こんな感じでインポートした画像がマテリアル化されました。

この状態だとまだ白背景が残っちゃってますね。

 

 

Atlas Generatorで切り抜き

AtlasGenerator

インポートしてマテリアル化した画像から葉っぱ部分を切り抜きます。

レイヤー上でSpaceキーを押して「Atlas Generator」を追加します。

 

 

 

画像がジェネレートされる

 

するとこのようにAtlas Generatorで葉っぱ部分がざっくり切り抜かれました。

この状態でも大分綺麗に切り抜いてくれていますが、細かい部分の切り抜きがうまくいっていない場合もあるので微調整していきます。

 

 

 

 

透過部分の調整

Opacity表示

2Dビューの表示モードを「Opacity」に切り替えると上記のようにマスクが表示されます。

マスクの白い部分が葉っぱの表示されている部分ですが、思ったように透過されない場合があるのでパラメーターで調整します。

 

 

 

Chrominance

Opacity − Chrominance Influence」のパラメーターを変更すると透過される範囲を変更することができます。

 

画像は一番低い数値にしてみた状態です。

背景の白が入ってしまっています。

この白い部分が綺麗に切り抜かれるように調整します。

 

 

マスクを手書き修正する

欠けてしまう部分を修正

葉っぱの茎部分が消えてしまっている状態に

パラメーターのみでは綺麗に調整できたように見えても細かい部分のディテールを消してしまっていたりします。

こういった場合には手書きでマスクをペイント修正して表示したい部分の調整をします。

 

 

 

マスクをペイント

Add Opacity」欄の筆マークをクリックすると手書きでマスクの編集が出来るようになっています。

また、マスク用の画像をインポートして使用することもできます。

 

 

 

表示したい部分を手書き修正

白ブラシでペイント修正

白いブラシで消えてしまっていた茎部分をペイントして修正しました。

黒に切り替えてペイントすると再度非表示に戻すこともできます。

 

 

 

切り抜いた状態

細かい透過の修正が終わった状態です。

全体的に綺麗に切り抜かれたと思います。

 

 

葉っぱ画像を分割

 

AtlasSpllatterを追加

 

次は一枚の画像から切り抜いた葉っぱをそれぞれ分割します。

Atlas Splitter」を追加します。

 

このフィルターを使うとそれぞれの葉っぱに分割してくれます。

 

 

個別で表示してくれる

 

上記のように自動的に葉っぱを個別に分割してくれます。

 

 

ShapeSelection

「Shape Selection」パラメーターを調整するとそれぞれの葉っぱが順番に表示されます。

 

また「Grid View」をONにすることでそれぞれの葉っぱをグリッド表示させることもできます。

 

Rotation

Rotation」パラメーターを調整するとそれぞれの角度を変えることもできます。

 

 

まとめ

最終的に切り抜いた状態

今回は一枚の画像に配置した葉っぱをほぼ自動で切り抜いてマテリアルとして使うことができる「Atlas Generator」と、

画像の葉っぱを自動で分割してくれる「Atlas Splitter」を紹介しました。

 

 

好きな葉っぱ画像などがある場合には今回紹介した方法でマテリアルにして使うのも良いかもしれません。

 

ジェネレーターで葉っぱを散らす方法などもあるので、合わせて試してみてください。

 

▼ランダムに葉っぱなどを散らす方法

SubstanceAlchemistSplatterアイキャッチ
【SubstanceAlchemist】ランダムに葉っぱや枝を散らすフィルター

SubstanceAlchemistではマテリアルを複数合わせたり、フィルターをかけてブレンドすることができます。   今回は以前の記事でブレンドして作成したマテリアルに、ジェネレーターを使 ...

続きを見る

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-SubstanceAlchemist
-,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−