エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

パースペクティブ

【パース】二点透視図とは?パースの基本をわかりやすく解説

2点透視図法アイキャッチ

Sponsored

こんにちは。

夏ワタル(@summering26)です。

前回の記事ではパース(1点透視図法)について解説しました。

なるべくわかりやすく書いたつもりなので、読んでいない人は是非読んでみてください。

 

 

▼前回の記事はこちら

一点透視図アイキャッチ
一点透視図ってどんなもの?イラストを描くなら知っておきたい基本知識を解説

こんにちは。 夏ワタル(@summering26)です。 以前パースについての記事を書きまして、ざっくり3つの透視図法について紹介しました。   ▼パース概要の記事はこちら   今 ...

続きを見る

 

 

今回はパースの中で2番目に有名な「2点透視図法」について解説してみたいと思います。

 

基本的な用語もいくつか出てくるので少しめんどくさいかもしれませんが、
2点透視図法はイラスト制作をするひとには必須の知識です。

 

繰り返し覚えて慣れておくことをオススメします。

 

二点透視図とは?パースの基本をわかりやすく解説

2点平行透視図

前回の1点透視図法では消失点は1つだけでした。

 

2点透視図法はこの消失点(VP)が2つになった透視図法です。

 

奥行きを表すパース線が2つになったことで、より遠近感立体感を表現することが出来ます。

 

ただその分ややこしくなってくるので、パースを見間違えてしまったりしておかしなことになってしまわないように注意が必要です。

 

 

また2点透視図法にはざっくり2つの種類があります。

ひとつが「2点平行透視図」

もうひとつが「2点有角透視図」

 

微妙な違いなんですが解説していきたいと思います。

 

 

2点平行透視図とは?

2点平行透視図

▲2点平行透視図

 

 

まずは2点平行透視図法から解説していきます。

 

一番シンプルかつ基本的な2点透視図法です。

 

2点透視はHL(地平線)の両端にそれぞれ消失点(VP)があります。

 

この図でみると右側の奥行きを表すパース線が、右の端に配置したVP消失点に向かって消えていきます。

 

そして左側の奥行きを表すパース線が左側に配置したVP消失点に向かって消えていくというわけです。

 

2点平行透視図の特徴

 

2点平行透視図には主に2つ特徴があります。

以下の特徴が揃っていることで2点平行透視図法になります。

①ひとつの面が画面(PP)に向かって45度の対面角で地面と(HL)と垂直になっている

2点平行透視図PP

 

 

まずは画面(PP)の角度を知っておく必要があります。

 

2点平行透視図法の時には、箱の角度が画面対して45度になっています。

 

上からみると画面(PP)の中に入っている箱の角度が見る人にたいして45度になっているのが分かります。

 

 

箱の角と角を結んだ対角線が画面に対して平行ですね。

 

2点平行透視図特徴①▲画面からみるとこういう風に見える

 

 

 

ひとつの面(この画像では側面)が地面に対して垂直になっていて、画面に対して45度になっています。
(ちょっとズレてるかもしれませんが、ご了承w)

 

つまり対角線と垂直線が平行であることで、2点「平行」透視図法になるわけです。

 

 

②ひとつの面が地面(HL)と平行で、画面(PP)と45度の対面角になっている

2点平行透視図特徴②

次の特徴はひとつの面が地面に対して平行であること。

 

 

また地面に対して平行な面が画面(PP)に対して45度の角度を持っていることです。

 

 

この画像では箱の上部と底が地面に対して平行になっているのがわかりますかね?

 

そして角度はこっち側(つまり画面=PP)から見て45度になっています。

 

2点平行透視図の特徴はざっくりこんな感じです。

 

2点有角透視図とは?

次に「2点有角透視図法」について解説してみます。

 

とはいえ基本的は2点透視図法の決まりとあまり変わりません。

 

ポイントは角度がついているということですね。

 

微々たる違いですし、実際のイラスト制作を進めていく上では多分ここまで気にする必要は無いと思います。

 

一応軽く知っておくか〜くらいの感じで良いかなと。

 

 

2点有角透視図の特徴

 

2点有角透視図にも主に2つの特徴があります。

 

厳密に測っているわけではないので、実際とは少しズレているかもしれませんがそこはご了承くださいw

 

テキトーですいませんw

 

①ひとつの面が画面(PP)に対してある角度で傾いていて、地面(HL)に対して垂直になっている

2点有角透視図PP

▲PPに対して角度がついている。

 

 

2点有角透視図が2点平行透視図と一番違うのは画面に対しての角度です。

 

上からみると箱の中の対角線が画面に対して平行では無くなっています。

 

片方の角度は60度になっているのに対して、もう片方の角度が30度になっています。
(これについては何度にしても良いです。平行は無く角度がついているということがポイント)

 

上からみると上記の様にみえますが……

 

 

▼画面(PP)からみるとこの様な感じに見えるわけですね。

2点有角透視図特徴①

ひとつの面(今回作った画像では側面に当たる部分)にそれぞれ45度以外の角度がついていて、地面に垂直になっていますよね。

 

 

また2点平行透視図よりも角度がついている分、左のVPが画面よりも更に外側に移動しているという点にも注意です。

 

 

②ひとつの画面が地面(HL)と平行になっていて、画面(PP)とある角度で傾いている

2点有角透視図特徴②

 

次の特徴はひとつの面が地面に対して平行になっているということ。

また画面にに対して角度がついているということです。

 

この画像では箱の上と底の面に当たります。

特徴①の要素に当てはまっていつつ、地面に対しての面が平行になっていればOKです。

 

 

まとめ

2点透視図法まとめ
今回は2点透視図法について解説してみました。

 

2点平行透視図2点有角透視図がありますが、厳密にはあまり考えなくても大丈夫かと思いますね。

 

実際のイラストを描く時は様々な要素が影響したり、地形によっても変わってくることも多いと思いますし。

 

ポイントとしては

2点透視図のポイント

  • 消失点が2つある
  • 物体が遠くなるほど、2つの消失点にそれぞれパース線が向かっていく
  • 2点平行透視図と2点平行透視図のふたつがある
  • ひとつの面が地面と平行になっている
  • ひとつの面が地面と垂直になっている
  • 角度が低くなるほど、消失点が遠くなる

 

ここらへんを抑えておくと大体OKかと。

ここまでの2点透視図法までは簡単だと思うんですが、消失点が3つになった3点透視図法あたりからとてもめんどくさくなります。

 

 

ここで書いた内容をしっかり覚えておいてもらえたら、次の3点透視図法に関して理解しやすくなると思うので、

わからなければぜひ何度も読み返してみてください!

 

それでは2点透視図法に関しては以上です。

 

2点透視図法をマスターして次のステップに行こう!

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-パースペクティブ
-,