エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

パースペクティブ

パースを使った鏡面反射の仕組みをカンタンに解説【パース応用】

鏡面反射アイキャッチ

Sponsored

 

皆さんはイラスト製作時に反射を描くことってありますか?

 

イラストの仕上げの時などによく使われる「反射」ですが、カンタンなようで意外とよくわかっていなかったりしませんか?

 

一番反射率が高いのは鏡などの鏡面になったものだと思うんですが、風景画などでは水面に光が反射することもあると思いますし、

人工物(部屋や建物など)には窓や、建物全体に反射が映っていることも多いですよね。

 

少し画面に取り入れるだけでリアリティーが増して、時には幻想的な雰囲気を醸し出してくれる「反射」ですが、

一応理論的に描く方法が色々あります。

 

今回はパースの応用として、透視図に沿った反射の仕組みや描き方について解説してみたいと思います。

 

 

自然物などでは適当に反射を描いてもそれっぽく見えますが、人工物では少し考えて描かないと不自然になってしまうこともあるんですよね。

 

この記事で解説する方法を頭の片隅に置きつつ制作していくと自然なパースに沿った反射面が描けるようになるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

パースを使った鏡面反射の仕組みをカンタンに解説

 

「反射」といっても色々ありますが、ここではシンプルに鏡に対して鏡面反射した姿と考えていきます。

 

つまり鏡面反射ですね。

 

鏡に映った反射物を描くのはパースの知識があればそこまで難しくはないです。

ただし、鏡が平行に映っている場合はですが。

 

 

例えばオブジェクトに対して鏡が近くにあるとして、それが垂直または水平(つまり平行であるということ)になっているのであれば、パースガイドにそってそのまま増やすか、反転させて増やせばOKなんです。

 

でも、反射面(鏡)に角度がついていたら一気に複雑になってきます。

 

オブジェクトと反射面それぞれの角度も計算に入れて考えないといけないからですね。

 

角度のある反射は正直めっちゃめんどくさいので、この記事では比較的カンタンな「平行の反射」のみに絞って解説してみたいと思います。

 

パースの基本的な知識があれば意外とすんなり使いこなせるようになると思います。

パースの鏡面反射の解説です!

平行反射の仕組み

平行反射の仕組み

鏡面に対して平行な反射はルールさえ覚えてしまえばカンタンです。

 

まずはこんな感じの適当なオブジェクトを2点透視図法に沿って描いてみます。

 

この様なオブジェクトを使った場合、反射したオブジェクトを2点透視図のパースラインに沿って描けば良いということになります。

 

平行反射①オブジェクトが反射面についているパターン

平行反射①

まずは一番カンタンなパターンです。

 

オブジェクトの下に平行に反射面があって、オブジェクトがくっついているパターンの反射の仕方です。

 

反射面と接している部分を境目にして、オブジェクトを倍にして反射像(反射面に映っているオブジェクト)を描きます。

 

元のオブジェクトと同じパースライン(同じ消失点)に沿って描けばOKです。

 

平行反射②オブジェクトが反射面についていないパターン

平行反射②

 

同じようなオブジェクトですが、反射面に接していないパターンです。

 

鏡面から浮いている様なイメージですね。

 

この場合は反射面をつなぐ線と、反射する位置を決めないといけません。

 

反射の位置とは反射する面がある位置ですね。

 

あとはパースラインに沿って描くだけです。

 

平行反射③オブジェクトの一部が反射しているパターン

平行反射③

反射面にオブジェクトの一部が反射しているパターンですね。

 

つまり下に置いてある鏡面の位置が下がっているか、オブジェクトの位置が高い時です。

 

この場合も元のオブジェクトの線を延長させて、パースラインに沿って描けばOKです。

 

カンタンですね。

ここらへんまでは余裕なはず!

平行反射④オブジェクトが傾いている場合パターン

平行反射④

反射面に対してオブジェクトが傾いていて、角度のついた反射になるパターンですね。

 

これは片方の軸(消失点に向かう部分の辺)が平行で、反射面に接している軸に傾きがあります。

 

 

反射面に映る面のオブジェクトの面の部分と角度がついた反射をします。

 

オブジェクトと反射面が画面に対して平行の場合

 

オブジェクトと反射面が画面(PP)に対して平行な場合についても軽く紹介しておきます。

 

基本的な仕組みは上記と同じで、反射したオブジェクトを同じパースラインに沿って描くだけですね。

 

見えていいない部分を想像して描く必要もありますが、シンプルなオブジェクトでパースラインがわかっているので特に困ることはないと思います。

 

画面に対して平行の反射①オブジェクトが反射面についているパターン

 

画面に平行な反射①一番カンタンなオブジェクトが反射面に接しているパターンです。

 

 

反射面が消失点(VP)に対して90°になっているのが前提で、

オブジェクトと反射面の境目から倍にしつつ、パースラインに合わせて描きます。

 

普通にオブジェクトを倍にしているのと変わらない感じですね。

 

画面に対して平行の反射②オブジェクトが反射面についていないパターン

画面に平行な反射②

今度はオブジェクトと反射面が若干離れているパターンです。

 

これも基本的には反射の境目を決めて、オブジェクトの延長線上の線を引き、

奥行きをパースラインに沿って描けばOKです。

 

画面に対して平行の反射③オブジェクトの一部が反射しているパターン

画面に平行な反射③

反射面が画面に対して90°で、かつオブジェクトが反射面から離れていて一部のみ反射しているというパターンですね。

 

これもあまり変わず、パースラインにって描けば良いです。

 

画面に対して平行の反射④オブジェクトが傾いているパターン

画面に平行な反射④

反射面に対してオブジェクトに角度がついているパターンですね。

 

これは奥行きの先はパースラインに沿って描けば良いんですが、角度がついている部分の頂点を結ぶようにして描きます。

 

オブジェクトと反射面が平行でも画面に対して角度がついているパターン

 

最後にちょっと応用です。

 

反射面とオブジェクト自体は平行に接していても、こちらが見ている画面(PP)に対して平行でも垂直でもなく、角度がついてしまっているパターンですね。

 

やり方がいくつかあるんですが、今回はカンタンな方法で説明します。

 

1、オブジェクトの対角線から消失点を割り出す

画面に角度がついた反射①

まずはこんな感じで適当にフラットなオブジェクトを作り、オブジェクトの対角線と水平線(HL)を結んで消失点を見つけます。

 

2、反射面までの空間の消失点を割り出す

画面に角度がついた反射②

次にオブジェクトから反射面までを結んだパースラインの中に出来る対角線から、HLまで線を引いて消失点を割り出します。

 

3、それぞれの消失点を反射面に反映させる

画面に角度がついた反射③

最後に対角線を使って割り出した消失点を使って、反射面の中にオブジェクトを反映させます。

 

オブジェクトの辺の延長に、対角線から割り出したそれぞれの消失点から引いたパースラインが重なるところがオブジェクトの反射像になります。

画面に角度がついた反射④

ちょっとややこしいですが、とりあえずこんな感じで描くのがカンタンです。

(まあ実際に描くことはめったにないですが……。)

 

まとめ

鏡面反射まとめ

今回はパースに沿った「鏡面反射の基本的な描き方」について解説してみました。

 

パースラインを考えつつ厳密に反射をさせるのはなかなかめんどくさいですが、

使いこなせるようになると画作りに説得力が出ます。

 

 

あんまり何も考えずに適当にコピペで反射させちゃうこともありますが、人工物などではこの記事で紹介したような手法を使った方が自然に見えます。

 

反射っていろんな影響があって難しいですし、プロでもしっかりと使いこなしている人はあまり見ない感じがします。

(いちいちここまで計算して描いていると時間が足りないからだと思います)

 

てとはいえ方法を知っているだけでパースにはあっていなくても、

最低限不自然に見えないラインがわかるので便利です。

ある程度パースに慣れたらこのくらいは応用できるはずなので、ぜひ実践してみてください。

 

 

鏡面反射は面白いです。めんどくさいですがw

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-パースペクティブ
-, ,