頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

パースペクティブ

パースに沿った反射を平面図から描く方法【パース応用】

平面図から反射を描くアイキャッチ

Sponsored

こんにちは。

 

夏ワタル(@summering26)です。 

 

前回の記事で角度のある角度のある反射の描き方について紹介しました。

▼前回の記事「角度のある鏡面反射の描き方」

角度のある鏡面反射アイキャッチ
角度のある鏡面反射を描く方法【パース応用】

こんにちは。   夏ワタル(@summering26)です。    前回の記事でパースに沿った平行な鏡面反射の法則と描き方について解説しました。   前回の記事を読んでい ...

続きを見る

 

 

反射したオブジェクトを描くのはとても複雑で、手間がかかるので大変ですね。

 

反射を描くには、前回の記事のようなやり方もあるのですが、今回はまた別にやり方で解説してみたいと思います。 

今回は「オブジェクトと反射面を平面図で描いてからそれを透視図に変換するやり方法」です。

 

透視図からいきなり描くよりも全体にイメージがつきやすいのがポイントです。

 

ただ、今回も様々な角度や立ち位置など少し面倒くさい部分がいくつかあるので、途中で整理しながら進めていかないとわけがわからなくなるかもです。

今回もめんどくさいやつです

 

 

パースに沿った反射を平面図から描く方法

 

まずは平面でオブジェクトと反射面がどのような立ち位置にいるのか、どのような形なのかを描いていきます。

 

今回は視点に対して平行にオブジェクトが設置されていることにします。

 

オブジェクトの消失点と視点が同じにしてあるので、オブジェクトの消失点は視点の延長線上にあります。

わかりにくいことかも知れませんが、後ほど透視図に変換したらどういう意味なのかわかると思います。

 

STEP①平面図を起こす

平面図から反射を描くSTEP①

 

透視図の上の平面図の下のラインを水平線(HL)と考え、立ち位置(SP)から水平線までを画面(PP)と考えます。

平面図の下部の線を水平線と画面の端と兼用で使っているということです。

 

 

平面図の中で反射面を描く際は、オブジェクトの角度と反射面の角度同じにしましょう。

 

オブジェクトの入射角と反射面は同じ角度になるので、反射している世界の中の角度も同じになるというわけです。

 

光の反射について勉強したことがある人は聞いたことがあるかもしれません。

 

光の入る方向と反射する方向の角度は同じになるんですね!

 

STEP②立ち位置を決める

平面図から反射を描くSTEP②

次は立ち位置(SP)を決めていきます。

 

立ち位置は視点、つまり消失点と同じ部分を見ているひとが立っている場所です。

つまり立ち位置をまっすぐHL上になるまで伸ばした部分が消失点(VP)になるというわけです。

(1点透視図などの限られたものになりますが、今回は1点透視図なので問題ナシです。)

 

STEP③地上線を引く

平面図から反射を描くSTEP③

次は反射面が始まっている地面の部分に地上線(GL)を引きます。

反射面(つまり鏡)が置いてある位置が始まる場所に、水平なラインを引き地面がどこらへんにあるかについてわかりやすくしたものです。

 

建築関係の本などで良く使われているのを見ます。

 

STEP④反射面の消失点を見つける

平面図から反射を描くSTEP④

平面図と同じ65°を図って消失点を見つける。

 

次は反射面の消失点を見つけるために立ち位置から65°を測って水平線と繋げます。

ここが反射面の消失点になります。

 

この消失点から地上線まで線を引けば反射面(鏡)のオブジェクトの線を引くことが出来るんですね。

 

 

見つけた消失点を使って反射面のオブジェクトを描きます。

 

 

平面図から反射を描くSTEP④_2

こんな感じで鏡のオブジェクトを描きました。

 

STEP⑤反射の消失点を見つける

平面図から反射を描くSTEP⑤

STEP④で見つけた反射面の消失点のパースラインから、入射角と同じ角度の65°の角度の線を見つけてHLまで繋げます。

 

HLと繋いだ部分が反射したオブジェクトの左側の消失点になります。

 

 

次はこのパースラインから直角にHLと繋ぐ線を引くきます。

そうすると反射したオブジェクトの右側の消失点を見つけることが出来ます。

平面図から反射を描くSTEP⑤_2

90°に図って消失点を見つける。 この場合は画面の外側にある。

   

 

STEP⑥平面図から透視図に反映する

平面図から反射を描くSTEP⑥

最後に平面図の基準点と立ち位置をつなぐ線を引いて、透視図に起こしていきます。

 

SPから平面図のオブジェクトの角を繋いだ線が画面(PP)に重なる部分を基準点として使います。

 

またSPの垂直線上のHLと重なる部分が透視図のオブジェクトの消失点(VP)になります。

 

平面図から反射を描くSTEP⑥_2

パースラインと平面図から下ろしてきた線が重なる部分がオブジェクトの角になる。

 

 

SPとオブジェクトの頂点を結んで割り出した部分から透視図に線を下ろして

オブジェクトと反射しているオブジェクトの頂点を見つけます。

 

 

それから各オブジェクトの消失点を使ってパースガイドを引きます。

 

 

そうするとHLから下ろしてきた頂点のガイド線と交差する部分がオブジェクトと反射面のオブジェクトのガイドになります。

 

大体の形がこれで見えて来ましたか?

 

    

平面図から反射を描くSTEP⑥_3

あとこのパースガイドに沿ってそれぞれのオブジェクトを描けば完成です。

 

ややこしいですが、こんな感じの手順で作業を進めていけば平面図を透視図にすることが出来ます。

 

平面図から反射を描くSTEP⑥_4

自然な感じの反射になりました。

違和感の無い鏡面反射になりました!

 

まとめ

平面図から反射を描くまとめ

複雑な角度の計算で出来ている反射図

 

今回はパースの効いたオブジェクトの反射を「平面図から透視図に描き起こす方法」について解説してみました。

 

非常にめんどくさくて、ほとんど製図の作業になってしまうんですよね。

 

ここまで凝った手法でパースを使ったイラストを描く人はほとんどガチの人って感じですね笑

 

 

ぶっちゃけパースの勉強をしたい人か、建築関係で働いているひとくらいしか使う機会が無いかもですね。

 

実際にこういった手法を使うこともなければ、仕事で依頼されることもほとんどないので、勉強にはなりますが、実用性は低い気がしますね。

 

ただ知っておくとどこかの場面で使うこともあるかもしれませし、線画を描く時に応用出来るので一歩進んだパースを使ったイラストを描いてみたい人にオススメです。

 

 

それでは今回は以上です。

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-パースペクティブ
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−