頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

AffinityPhoto

ブラシをオリジナルにカスタマイズする【Affinity Photo】

AffinityPhotoブラシカスタマイズアイキャッチ

Sponsored

写真加工アプリAffinity Photoではデフォルトで豊富なブラシが用意されていますが、少し使いにくかったり描き心地が微妙だったりすることも多いです。

 

そんな時はブラシをカスタマイズしてしまうのがオススメ。

 

というわけで今回はブラシをオリジナルにカスタマイズして、書き心地の良いブラシを作成する手順について紹介してみたいと思います。

 

 

ブラシをオリジナルにカスタマイズする【Affinity Photo】

Affinity Photoのブラシはただでさえ使いにくいものが多いです。

Apple Pencilを使っての作業で進めたとしても思ったような挙動をしないことがあります。

 

なので描き味が気に入らない場合はカスタマイズして使いやすく調整することが大事です。

ただイラストの制作などには向かないので、あくまで写真加工の補助的な部分での使用と割り切ってしまって、イラスト制作などはProcreateを使うのがオススメです。

 

 

デフォルトブラシをカスタマイズする

ブラシをカスタマイズするにあたって、イメージに近いデフォルトブラシをカスタマイズして使うのがやりやすくて便利です。

 

ブラシツールを選択した状態で、ブラシスタジオを開きます。

 

今回は絵の具的な感じのブラシにしたいので、ブラシの種類を「Oils」に設定し、油絵の具ブラシ一覧にします。

 

 

 

Large Fibers Oil」を選択します。

油絵の具っぽい感じのブラシなので、カスタマイズしたいブラシの下地になります。

 

筆圧をONにする

ブラシの筆圧をONにするとこの様にApple Pencilなどのスタイラスペンで描いた時には筆圧によって色の濃淡やブラシサイズを変更してくれます。

 

筆圧をOFFをにする

逆に筆圧をOFFをにした状態で描画するとこの様に色の濃淡やサイズなどを感知しなくなるので、ベタ塗りブラシといった感じで描画されます。

 

指で塗るとこのように塗ることが出来るので、敢えて塗りつぶしをしたい場合などは指で塗るようにしています。

 

アルファの保護

 

アルファの保護」をONにすると、塗ったブラシの部分以外に描画出来ないようになります。

アルファとは不透明度を管理しているアルファチャンネルのことで、白が表示、黒が非表示で制御されています。

そのアルファ部分(この場合は黒=不透明)を保護するので、描けなくなるというわけです。

 

 

詳細設定

ブラシの細かい部分のカスタマイズを進めていきます。

 

ブラシスタジオを選んだ状態で「その他」をタップすることで細かい設定をすることが出来ます。

 

一般

ブラシの詳細設定の「一般」項目ではブラシのサイズや流量、シェイプや間隔、ブレンドモードなどを合成することが出来ます。

 

今回はサイズや間隔をこのように設定しました。

 

 

このデフォルトブラシではブレンディングモードが平均に設定されていたので、「標準」に変更しました。

普通に塗り重ねても効果が適用されない使いやすいブラシにしたい場合は標準にしましょう。

 

ダイナミクス

ダイナミクス設定欄では主に描画する際のブラシの形状の変化や筆圧などの設定をすることができます。

 

基本的にApple Pencilを使っているのであれば「筆圧」や「角度」項目を設定することが多いと思います。

 

今回は筆圧部分を少しだけ調整しました。

 

 

「流量」を調整するとブラシで塗った時のインクの濃さが調整されます。

 

ブラシを塗り重ねて表現したい場合などは流量を下げるのも良いと思います。

 

テクスチャ

「テクスチャ」項目でブラシのシェイプに使用するテクスチャを設定することが出来ます。

自分の好きな画像を加工して作ったブラシテクスチャや、取り込んだ画像などを読み込んで使うことが出来るので便利な機能です。

水彩絵具で描いたかのようなブラシを作りたい場合は実際に水彩で描いたものをスキャンしてテクスチャとして使う……といった使い方もアリです。

 

完成

細かい設定が済んだらOKを押してカスタマイズしたオリジナルブラシの完成です。

 

今回はこの様な油絵の具で塗ったようなニュアンスのブラシになりました。

 

 

 

試しに適当なりんごのイラストを描いてみました。

少し粗い感じのテクスチャと絵の具の混じり合ったかのような雰囲気のブラシになりました。

 

まとめ

 

今回はAffinity Photoでブラシをカスタマイズしてオリジナルブラシを作る方法について紹介しました。

個人的にAffinity Photoは写真を加工調整するアプリと割り切って使っているのでお絵かきなどに使うことはほぼ無いのですが、

カンタンなものであればAffinity Photoのブラシをカスタマイズすれば描けないことは無いかと思います。

 

 

とはいえデフォルトブラシが使いにくいのでカスタマイズはなるべくしてから使うのがオススメです。

また注意点としては筆圧を適用したまま角度も適用することが出来ないので、Procreateや普通のペンタブレットを使用した状態に近い描き味で描くことが中々できないという弱点があります。

 

なので、基本的にはマスクの調整時などにだけブラシを使い、お絵かきは他のアプリでやるのが無難です。

 

ブラシをカスタマイズする手順でした

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-AffinityPhoto
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−