エルゴノミクスキーボードアイキャッチ

ガジェット

2021/8/30

【Macで使える】Microsoftのエルゴノミクスキーボード買ってみた【レビュー】

PCの作業をする際に必須のデバイスであるキーボードですが、長時間のキー入力作業をしていると肩が凝ってきたり、手首が痛くなってくることってありませんか? 特に1日中キーボードを使う仕事をしている人にとって、長時間に及ぶ入力作業をしていると手首をずっとキーボードに置いていることになるので地味な負担がかかります。 また猫背で肩をすぼめた姿勢を取り続けることによって、手首の痛みに加えて肩も凝りやすくなってしまいます。 姿勢を改善したり、椅子を変えたりすることで手首や肩にかかる負担を減らすこともできますが、キーボー ...

ReadMore

キーボードマーキングシールアイキャッチ

ガジェット

2021/8/25

キーボード入力を効率化できる「キーボードマーキングシール」買ってみた

PC作業で一番多くの割合を占めるのが「キーボード入力」ですが、社会人になっても意外と苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。 オフィスワークをしていると日々たくさんのキーボード入力をする機会がありますが、効率よくスピーディーにタイピングすることができるという人は意外と少数派なのではないかと思います。 入力ミスが多いせいで仕事がなかなか終わらず、書類の作成に時間がかかる そもそもブラインドタッチができない キーボードを逐一見て確認しながらじゃないと入力できない ホームポジションがすぐに崩れてしまう ...

ReadMore

頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

ガジェット

MacBook Pro専用ハイスペックハブスタンド「Armor Age」使ってみた感想

ArmorAgeアイキャッチ

Sponsored

 

 

クリエイティブな仕事をしている方でMacBook Proを使っている方は多いと思います。

 

僕も普段出先での作業などはMacBook Proを使っているのですが、ソフトの動作も速くデザイン性も良いので気に入っています。

 

 

しかしMacBook Proは余分なものを削ったデザインのせいで設置されているポートが限られてるのが弱点です。

左右にUSB-Cポートが2つずつあるだけなので、USB-C以外で接続することができないのです。

 

そこで必要になってくるのが入力ポートを拡張できるHUBです。

 

 

今回はMacBook Pro専用に作られたUSBHUBに機能に加えて、ノートPCスタンドの機能を持っている高性能なハブスタンドである「Armor Age」を買ってみたので紹介してみたいと思います。

 

MacBook Proを使っている方には是非使ってみてほしい便利でユニークなガジェットになっています。

 

 

 

MacBook Pro専用ハイスペックハブスタンド「Armor Age」使ってみた感想

 

今回購入してみたMacBook Pro専用ハイスペックハブスタンド「Armor Age」はBesing Technologyというメーカーによって開発されたUSBハブ兼ノートPCがスタンドです。

 

 

ふたつのハブが合体したユニークな形が特徴で、MacBook Proの両側のポートに差し込むことで使うことが出来ます。

 

またあえて厚みを出したデザインのおかげでハブを差し込んでいる部分が浮くようになっていて、

MacBook Proの角度が変わることで画面が見やすくキーボードがより打ちやすくなります。

 

ハブの差し込んである両サイドのみが浮いているおかげでMacBook Proの下に空間ができ、排熱のしやすさにも一役買ってくれるというメリットもあります。

 

 

 

 

クラウドファンディングで購入

今回購入した「Armor Age」は今年の6月ころにクラウドファンディングでの支援をしました。

 

元々はアメリカの「Kickstarter」でクラウドファンディングが始まり、今年にようやく日本のクラウドファンディングに進出したようです。

 

▼僕の場合はコチラのクラウドファンディングサイトで支援しました。

 

超早割で注文したので通常¥8980のところを24%割引の¥6780でリターンを得ることができました。

 

6月頃の注文だったと記憶してますが、今月届いたので3ヶ月程度かかった感じです。

 

 

基本的な機能

基本的に機能として2つ合わせて9つのポートを搭載しており、2つのハブをMacBook Proの両側に差し込んで使用するガジェットになります。

使用出来るポート内容は以下。

 

搭載されているポート

  • Thunderbolt 3ポート×2
  • USB 3.0ポート×3
  • 3.5mmオーディオジャック×1
  • RJ45ポート(LANポート)×1
  • Type-Cポート×1
  • HDMIポート×1

 

両サイド合わせてこれだけのポートを使用する事ができ、双方向充電も可能になっています。

また接続時はハブについているインジケーターライトが光る仕様になっています。

Thunderbolt 3ポートは最大100Wの高速充電も可能です。

 

ハブ自体はバスパワーになっているので、給電も必要ありません。

 

 

また他の一般的なUSBハブと違い接続時はMacに高さが出るので、PC自体に傾斜をつけることができタイピングがしやすくなることに加え、PC後部にこもりがちな熱を逃しやすくなっています。

 

 

MacBook Proに足りないポートを増やす+傾斜をつけてタイピングをしやすく+放熱もしやすく+高いデザイン性と、様々な要素を組み合わせたユニークなガジェットです。

 

開封

「Armor Age」の特徴として高いデザイン性があります。

便利な機能だけでなくMacBook Proに合う高いデザイン性も購入しようと思ったキッカケです。

 

それでは実際に開封してみた状態を紹介します。

 

到着した外箱の状態はこんな感じ。

シンプルなデザインの外箱です。

 

 

 

内箱はこんな感じの黒いデザインでした。

 

開封するとこのようにハブが収まっています。

 

 

 

箱から出してみて状態。

想像よりも軽く分厚い印象でした。

 

 

細かいデザイン

ひとつに装着してあるハブを切り離してみた状態です。

 

シンプルなアルミニウムの質感が感じられるデザインです。

切り離すのが少し固かったので、持ち運び時にバラバラになってしまわないように設計されているようです。

 

 

 

 

裏側にはこのようにLRと表記され、左右がわかりやすくなっています。

 

 

 

 

装着してみた状態

 

MacBook Proに装着してみた状態です。

 

左右のポートに装着されている状態を上から見ると以外とコンパクトですね。

 

左側状態。

左側からはThunderbolt3ポートがひとつ見えます。

 

左側の後ろはこの様に3.5mmオーディオジャックやHDMIなどがついています。

 

 

 

 

右側のハブの状態。

 

後ろ側にはUSB3.0ポートやLANポートがあります。

 

 

ハブに接続

「Armor Age」にさらに持っていた普通のハブを接続してみました。

ハブにハブを噛ませた状態でも給電が可能でした。

 

右側にコードを装着

 

右側のハブにコードを装着した状態。

高速充電も問題なく行われました。

 

 

インジケーターライト

「Armor Age」装着時にはインジケーターライトが点灯するようになっています。

 

実際に使っていて気づくことはない部分ですが、暗い室内などで作業をする場合はハブ付近を照らしてくれます。

 

 

メリット

 

実際に数日使ってみたメリットをカンタンに紹介します。

 

メリット

  • スタンド機能でキーボードが打ちやすくなる
  • USB3.0が複数接続できるのが便利
  • 排熱がしやすくなるのでマシンに優しい
  • 持ち運びがしやすい
  • コードが無くスッキリしている
  • MacBook Proのデザインに合う
  • 滑り止めラバーでPCが安定する

 

全体的にコンパクトにまとまっていて、デザイン性が良く持ち運びもしやすいです。

 

特に良いなと思った点はハブによくあるコードが無いところ。

出来る限り無駄なコードを排除したいので、ドックに直接差し込めるデザインは良いと思いました。

またドッキングさせて持ち運びやすいのも良いですし、スタンド機能と排熱を組み合わせた設計はよく出来ていると感じました。

 

 

 

デメリット

個人的に感じたデメリットをカンタンに紹介します。

デメリット

  • カバーを付けた状態では接続できない
  • カードリーダーが無い
  • ポートの配置が個人的に使いにくい
  • LANポートはいらない
  • ドッキングを外すのが硬い

 

個人的に一番大きいなと感じたデメリットはMacBook Pro専用のカバーをつけた状態ではハブを接続できないということです。

MacBook Proにピッタリ合う様にデザインされているのもあり、カバーつけてしまうと厚さが邪魔をしてハブをつけることができません。

外出時に外でブログを書く作業を個人的によくするので、普段はMacBook Proにカバーをつけているのですが、その際にはハブを接続できないので外さないといけなくなってしまいました。

 

こういった携帯性のあるハブを使うシーンとして外出時の使用も想定していると思うのですが、カバーをつける人向けには設計されていませんでした。

 

 

またカードリーダーを装着できるポートが用意されていないので、カメラなどで写真を撮ることが多い方には向かないと思います。

とはいえ最近はBluetoothで写真データを転送出来たり、クラウドストレージを使用する機会も多いと思ったので、必要は無くなって来ていると感じてはいます。

 

 

ポートの配置も個人的に少し使いにくいと感じました。

出来れば左側の手前にUSB3.0が欲しかったり、右側の手前にオーディオジャックが欲しかったり、中々希望の配置ではないので使いにくい部分がありました。

 

あとハブのドッキングを外すのが硬いです。

女性の場合は少し苦労するかと思います。

 

 

まとめ

 

今回はクラウドファンディングで購入したMacBook Pro専用ハイスペックハブスタンド「Armor Age」を紹介しました。

日本のショップなどにはない中々ユニークなハブスタンドになっているので、MacBook Proを使っていてポートの少なさに悩んでいてかつデザイン性やユニークさのあるハブを使ってみたい方にはオススメです。

 

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-ガジェット
-, , ,