頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

SubstanceDesigner

【SubstanceDesigner】ノード管理をわかりやすくするフレームの使い方

SubstanceDesignerフレームアイキャッチ

Sponsored

 

SubstanceDesignerでノード接続作業を進めていると、ノードが増えすぎて複雑になってしまい管理が大変になってしまいますよね。

 

人にデータを渡す時にも後から自分が確認する際にわかりやすくしておくためにも、ノードはわかりやすく管理しておく必要があります。

 

この記事ではSubstanceDesignerでマテリアル作成などをする際に、大量に増えてしまったノード管理をしやすくする「フレーム」の基本的な使い方について紹介します。

 

 

【SubstanceDesigner】ノード管理をわかりやすくするフレームの使い方

 

ノードのみのわかりにくい状態

たとえばこんな感じでノードを複数接続していったとします。

 

画像ではまだシンプルな方ですが、テクスチャに様々な効果を追加していくと作業が進むにつれてノードが増えてしまって、パッと見でノードごとの塊が何を表現しているのか非常にわかりにくくなります。

 

そういった状態のまま人に渡したり、時間が経ってから開いたりすると何が何だか分からなくなってしまったり、細かい要素の確認作業が増えてしまって非効率的です。

 

そこで便利なのがノードのまとまりごとにマーキングしてくれる「フレーム」機能です。

 

フレームを使わないデメリット

  • ノードのまとまりごとの要素がわかりにくい
  • 人に渡した時にはよりわかりにくい
  • それぞれの要素の確認作業が入って時間が無駄になる
  • 要素ごとにまとめて移動しにくい

 

フレームを追加する

Frameを付けたいノードをドラッグ

フレームを追加するのは非常に簡単です。

まずはフレームをつけたいノードのまとまりをドラッグして選択します。

 

 

 

右クリックでフレームを追加

右クリックメニューから「Add Frame」でフレームを追加することができます。

 

 

 

アイコンからフレームを追加

 

またノードを選択した状態で、グラフビューの上部にあるアイコンをクリック(またはドラッグ)でもフレームを追加できます。

 

 

 

フレームが作成される

 

まとまりごとにフレームを作成した状態です。

何もない状態のときよりもパッと見でノードを塊を判断しやすくなりました。

 

 

フレームパラメーターの使い方

フレームの設定欄

フレームをを選択するとPropertiesからパラメーターを設定することができます。

 

画像にも表記していますが、パラメーターの内容は以下のようになっています。

Title Visible フレームタイトルの表示非表示
Title フレームタイトル
Description フレーム紹介を記入
Frame Color フレームの色設定

 

 

 

それぞれを設定した状態

 

試しにフレームのパラメーターをそれぞれ設定してみました。

デフォルトの色のままだと非常に分かりにくいので、逐一カラーの設定をしておくのがオススメです。

 

例えば草などを作成しているノード群はグリーン、木の幹などを作成しているノード群はブラウンなどといった感じでイメージに近い色味で設定するのが個人的なオススメです。

 

またフレームはいくつもつけることが出来るので、まずは大きなグループでフレームを作成してその中の小さなグループごとにフレームを作成するといったやり方も良いと思います。

 

カラースペースの変更

Pantoneに変更

 

Frame Color右のボタンをクリックするとフレームの色見本を変更することができます。

デフォルトでは半透明のオーバーレイ表示のフレームが見にくい場合にはここで変更しましょう。

 

 

濃いカラーに

試しに「Pantone Color Bridge Uncoated−V4」に設定してみました。

背景のグリッドが表示されない濃いフレームになりました。

 

通常のフレームが半透明で、フレームを重ねると見にくくなってしまうといった場合にはこの設定にすると良いと思います。

 

 

 

Flame

 

フレームカラーが表示されていない部分をドラッグすることでフレームとそのフレームに含まれているノード全体を移動できます。

 

またフレームのカラーの境界線部分をドラッグでフレーム幅などを自由に変更することもできます。

 

注意ポイント

フレームのカラー部分に含まれていないノードはフレームと一緒に移動しなくなります。

フレーム幅を変更してはみ出してしまうとまとめて移動できなくなってしまうので注意が必要です。

 

まとめ

細かくフレームをつけた状態

 

今回は増えてしまったノードを管理ししやすくする「フレーム」の使い方について紹介しました。

 

ノードが増えて複雑になってしまったグラフはわかりやすく管理しやすいようにある程度の塊ができたらフレームを付けておくのがオススメです。

 

 

 

▼ノードのリンクを直線表示にする方法

SubstanceDesigner直線リンクアイキャッチ
【SubstanceDesigner】接続リンクを直線に変更する

  SubstanceDesignerでノードを接続していくとリンクがどんどん複雑になってしまいます。 ノードが増えれば増えるほどリンクが複雑に絡み合っているように見えて全体を把握しにくくな ...

続きを見る

 

 

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-SubstanceDesigner

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−