頸部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/29

【美術解剖学】頸部(首)の筋肉をイラストで解説

  人間の体の中でも特に重要なのが頭部ですが、その頭部の動きを司っているのが「頸部(首)」です。   頸部(けいぶ)には重い頭部を支えるしっかりした筋肉がいくつかついています。 体と頭を繋ぐ橋渡しのような部位でもありますし、デコルテ部分は顔の次に目立つ部分でもあります。   今回は頭部に続いて重要なポイントととなる「頸部(首)」の筋肉について、自作のイラストを使って解説します。   こんな方におすすめ 美術解剖学に興味がある方 人体の知識をイラスト制作やモデリングな ...

ReadMore

美術解剖学頭部の筋肉アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】頭部の筋肉をイラストで解説

  人間の筋肉の中でも一番目立つ位置にあるのが頭部の筋肉です。   特に頭部の前面にある顔の筋肉はキャラクターイラストなどを描く際やキャラクターのモデリングをする際に重要となる部分でもあります。   顔の筋肉の構造を知る事によってより説得力のあるイラストを描く事ができるようになったり、リアリティーのある人物モデルを作ったりすることができるので、知っておくと沢山のメリットがあります。   今回は美術解剖学の中でも特に作品制作に関して役に立つ「頭部の筋肉」に関して、実際 ...

ReadMore

美術解剖学筋肉の起こる所と着く所アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/27

【美術解剖学】筋肉の「起こる所」と「着く所」【イラスト】

  美術解剖学で筋肉について学ぶ際に知っておきたい前提知識として 「筋肉に起こるところ」と「筋肉の着くところ」というものがあります。     筋肉は骨に付着している組織ですが、骨に対しての筋肉の付き方がそれぞれ決まっています。   筋肉自体の形状を覚える前に筋肉がどの部位からどの部位に対して付着しているかについて知っておくことで、より筋肉と骨の形状と位置が覚えやすくなります。   今回は美術解剖学における筋肉の「起こるところ」と「着くところ」について、僕 ...

ReadMore

美術解剖学動きに関する用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/23

【美術解剖学】体の動きに関して覚えるべき解剖学用語について解説

  美術解剖学を勉強すると人体の動きに関してより深い理解ができるようになります。 その理由は骨格や筋肉の動きを勉強することになるため、自然と人がどのように動いているのかについて考える習慣がつくからです。   しかし美術解剖学で人体の動きを学ぶ際にも専門用語が複数登場するので、この前提知識を知らないと勉強に時間がかかってしまいがちになります。   そこで今回は美術解剖学を勉強する際に登場する「体の動きに関する解剖学用語」について紹介します。 動きに関するものだけなので比較的簡単 ...

ReadMore

美術解剖学人体の位置と方向を示す用語アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/24

【美術解剖学】人体の位置と方向を示す解剖学用語を解説

  美術解剖学では体の各部の位置や方向を説明するためにあらかじめ軸を決めて、それを基準に位置や方向を説明することがよくあります。 人体は複雑な構造をしているので、決められたルールに従って方向や位置を決めることでそれぞれの部位や方向をわかりやすくしています。   逆に言えばこの決められたルールを知らないと、体のパーツの位置や方向の説明を見たとしてもわかりにくくなってしまいます。 そこで今回は解剖学における「人体の位置と方向を示すための用語」について、3Dモデルを使って簡単に紹介します。 ...

ReadMore

解剖学筋肉の形状と構造アイキャッチ

美術解剖学

2021/5/28

【美術解剖学】筋肉の基本形状と構造を解説【イラスト】

    キャラクターイラストを描く場合だけではなく、3DCGでのキャラクターモデリングなどをする際に前提となる知識で多くあげられるもののひとつが 「美術解剖学」ではないでしょうか。   特にある程度絵を描いたりしている方のなかでは美術解剖学の知識が必須だというのは一般常識だったりしますよね。   このブログでは以前に解剖学の中でも文字通り骨子になる人間の骨格についての記事をいくつか書いていましたが、今回からいくつかの記事に分けて人間の筋肉についても解説していこうと思 ...

ReadMore

スライドPixaUSDアイキャッチ

CG関連

2021/5/19

ピクサーUSDについての入門スライド

  MAYA2022にも追加された機能である「USD(Universal Scene Description)」ですが、いまいちどんな機能かわかりにくくて必要なのかなーと思ってました。 しかし色々調べているとUSDに関して解説してくれているスライドがアップされていたので紹介します。   最近よく名前を聞くようになってきたけどどんな機能なのか概要が知りたいなーと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。   ピクサーUSDについての入門スライド 今回紹介するのはSlide ...

ReadMore

RazerTartarusV2アイキャッチ

ガジェット

2021/5/17

【Razer】3DCG制作用にRazer Tartarus V2を購入してみた【左手デバイス】

  ゲームやイラスト制作の作業効率化をサポートしてくれる「左手用デバイス(片手デバイス)」は、3DCG制作の効率化にも一役買ってくれる便利なガジェットです。   以前の記事で紹介したCLIP STUDIO PAINT専用で発売されている「CLIP STUDIO TABMATE」も シェアウェアを挟むことでイラスト制作だけではなく3DCG制作でも使うことができるのですが、ぶっちゃけTABMATEではキー数が少なすぎて役不足感が否めませんでした。     そこで今回は思 ...

ReadMore

SubstancePainter

【SubstancePainter】TextureSetごとに書き出したテクスチャを結合してくれるアドオン

SubstancePainterTextureSetCombinerアイキャッチ

Sponsored

 

SubstancePainterではモデルに割り当てたマテリアルごとにTextureSetが作成されて、表示非表示を切り替えながらテクスチャをペイントすることができます。

 

 

モデルのパーツが多いモデルで部分ごとに描き分けをしたい場合には便利な機能ではありますが、デメリットのひとつとして、テクスチャを書き出した時にTextureSetごとに書き出されてしまうという仕様があります。

 

 

同じタイル内にUVが合ったとしても、割り当てられたマテリアルごとにそれぞれのチャンネルで書き出されてしまうとマップ数が増えてしまって管理が大変になりますよね。

 

 

そこで今回はTextureSetごとに書き出されてしまったテクスチャ画像を、後からひとつに結合してくれるWindows用のアドオンがあるので紹介します。

 

SubstancePainterから書き出してからPhotoshopなどで結合するといった手間のかかる作業を短縮してくれるので、TextureSetは分けて作業をしたいけど後でそれぞれひとつにまとめたいといった方にオススメです。

 

 

【SubstancePainter】テクスチャセットを結合して書き出すプラグイン

TextureSetCombiner今回紹介するのはArtStationで公開されている「Texture Set Combiner」というアドオン(ソフト)です。

 

 

SubstancePainterで作成して書き出したそれぞれのテクスチャを同じUVタイル内にひとまとめにしてくれます。

 

 

▼ArtStationで細かい機能の紹介などをされています。

 

 

▼Gumroadからデータをダウンロードすることができます。

 

 

Macを使っていてPhotoshopでの作業もしている方限定になりますが、似たような機能でSubstancePainterからPhotoshopにテクスチャデータを書き出して結合するスクリプトもあるので、代用してみてはいかがでしょうか。

 

SubstancePainterからPhotoshopにデータを書き出して結合できるスクリプト

SubstancePainterテクスチャセットを結合アイキャッチ
【SubstancePainter】異なるテクスチャセットからPhotoshopに書き出して結合できるスクリプト

  SubstancePainterでは予めモデルに複数のマテリアルを割り当てることでTextureSetを分けることができます。 TextureSetを分けることで意図したパーツごとに表示 ...

続きを見る

 

 

 

 

それでは以下から実際に書き出したテクスチャを結合するまでの手順を紹介します。

 

 

テクスチャ書き出し時の設定

 

ExportTexture

まずはSubstancePainterでテクスチャデータを書き出すための設定をしていきます。

FileからExport texturesを開きます。

 

 

TextureのExport設定

 

上記のように書き出し設定を行います。

同じUVタイル内にあるテクスチャデータを結合する必要があるため、一度PNG+塗り足し無しの設定で書き出さなければいけないようです。

 

今回書き出した設定

Output template

Document channels+Normal+AO(With Alpha)

File type PNG
Size 2048
Padding Dilation+Transparent

 

 

 

一度テクスチャを書き出しする

 

通常のエクスポートされたテクスチャ

 

上記の設定で一度テクスチャを書き出した状態です。

 

 

全て同じタイル内にUVを展開していますが、割り当てたマテリアルが部分的に違うので別々に書き出されてしまって画像数が増えてしまいました。

 

 

この書き出したデータを「Texture Set Combiner」を使って結合していきます。

 

注意ポイント

書き出したテクスチャ画像のあるフォルダと結合したテクスチャ画像を書き出すフォルダを事前に分けておく必要があります。

同じフォルダのパスを設定してもうまく機能しません。

 

 

 

 

Texture Set Combiner」でテクスチャを結合

画像の設定

SubstancePainterで書き出したテクスチャ画像をアドオンを使って結合していきます。

 

Texture Set Combiner.EXE」を開き設定をしていきます。

 

設定する必要がある項目は以下のようになっています。

 

Set Source Folder

SubstancePainterで書き出したテクスチャのあるフォルダ

Set Destination Folder 

結合したテクスチャを書き出すフォルダ

結合したテクスチャを書き出すフォルダ

結合したテクスチャの先頭につけられる名前

Output 

出力するテクスチャの拡張子の設定と結合の実行

 

 

 

結合

 

設定が完了したら「Combine Files」をクリックして結合を実行します。

 

 

 

結合される

 

書き出し用に設定したフォルダを確認すると、このようにTextureSetごとに書き出されたテクスチャがチャンネルごとにひとつに結合されます。

 

 

Unreal Engine4用に出力

UE4用の出力設定

 

Texture Set CombinerOutput欄にある「Channel Pack For UE4(AO−Roughness−Metallic)」の項目にチェックをいれてCombine Filesを実行するとUnreal Engine4用の書き出し設定で結合してくれます。

 

 

UE4用で出力される

 

こんな感じで書き出されます。

 

 

まとめ

 

今回はSubstancePainterでTextureSetごとに書き出されてしまったマップ画像を結合してくれるアドオンを紹介しました。

 

実際に使ってみたメリットとして、Photoshopで書き出すスクリプトを使ってみた場合に比べてデータ量が少なく、最小限の画像数で書き出してくれるので便利だなと感じました。

 

以下に個人的に感じたメリットとデメリットをまとめます。

 

 

メリット

  • Photoshopなどを使わなくても結合が出来る
  • 接頭辞をつけることができる
  • 好きな拡張子に変更して結合できる
  • 無料で使用できる
  • TextureSet別で作業しても後で結合できるので、ペイント作業の効率が上がる
  • Unreal Engine4用に結合して書き出しも出来る

 

 

デメリット

  • Windowsのみでしか使えない
  • 一度書き出してから結合する必要がある
  • 結合の実行時にTiffやTGAなどに設定するとうまく機能しない場合がある
  • 好きな拡張子で結合できなかった場合はPhotoshopなどで拡張子の変更が必要
  • 同じUVタイル内のものに限る(マップ画像なので当たり前ですが……)

 

人によってメリットデメリットがありWindows専用ではありますが、とても便利なアドオンなのでTextureSetを分けてペイントをすることが多い方は是非試してみてください。

 

SubstancePainterテクスチャセットを結合アイキャッチ
【SubstancePainter】異なるテクスチャセットからPhotoshopに書き出して結合できるスクリプト

  SubstancePainterでは予めモデルに複数のマテリアルを割り当てることでTextureSetを分けることができます。 TextureSetを分けることで意図したパーツごとに表示 ...

続きを見る

 

SubstancePainterPSD書き出しアイキャッチ
【SubstancePainter】テクスチャデータをPSDとして書き出す

  SubstancePainterで作成したテクスチャーをレイヤーを保持してPhotoshopのPSDデータにして微調整したい場合もあるかと思います。   そこで今回はSubst ...

続きを見る

 

▼Substance Painter初心者の方にオススメの教本

 

▼キャラクターのテクスチャペイントの参考になりそうな本(バージョンは古め)

Sponsored

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

夏ワタル

デザイナー/イラストレーター。 イラスト制作や3DCG制作に関するTipsを発信しています。 才能ゼロでもイチから独学で絵が描けるようになる方法を研究中。 MAYAとSubstanceシリーズをメインに使っています。

-SubstancePainter
-, ,

© 2021 ナツヲカケル−兼業クリエイター雑記−